若かった恋、未熟だった恋、終わったからこそわかるいろんな恋がありますよね。そんな過去の恋愛を振り返ってふと、気づくことありませんか? あのとき、彼だけが悪いと思っていたけれど、自分にも反省点があったなどなど。中でも、彼のことを当時はダメンズだと思っていたけれど、よく考えたら私が彼をダメンズにしていたかもしれないという意見がいくつか集まったので、ご紹介します。これからダメンズを作らないためにも、同じ轍を踏まないようにしましょう!

 

最初は「仕事を辞めた」だけ

 

多いパターンは、「付き合ったときは真面目に働く普通の男の人だったのに、ある日突然仕事を辞めてゴロゴロするようになってきた」というもの。これは完璧にダメンズでしょう。ところが、ダメンズと付き合った彼女たちのそのときの行動を振り返ってもらうと「仕事を辞めた彼はお金がないから、私のほうからお小遣いをあげていた」という衝撃の告白が!
「彼は最初は仕事を探していたのに、働かなくても私がお金をあげるからだんだんなにもしなくなった」と振り返る女性の意見が目立ちました。彼からすると最初は働く意思があったのに何もしなくてもお金が手に入るからダラダラするようになったということでしょうか。良かれと思ってしたことが裏目に出たのですね。気をつけたいものです。

 

「気を使いすぎ」が悪かった?

 

さらに多く聞かれるのが、なにもしない彼氏に仕事のことやこれからのことを聞くと怒り出すから、気を使ってだんだんと何もきかなくなったというもの。「うるさくいうとやる気をなくすかもしれないので何も言わずにいた」「怒鳴ったりされたら険悪に雰囲気になるから、黙っている方がいいと思って何も言わずにいた」などと、耐える女性の姿が浮かび上がります。これも彼のことを思って見守っているスタンスだったはずなのに、結局彼が仕事を再開することはなかったという話が多いのが切ないですね。

 

全部自分でした

 

さらに同棲しているカップルの場合、彼が仕事をしていなくても家事は全部彼女がしていたということが多いです。「家事を頼むと、どうせ俺は仕事していないからなと拗ねるから」などと彼の気持ちを逆なでしないようにと考えていたようです。でも結局は「そこまでしたのに最後は浮気されて終わった」と報われない話が。

男性は基本的に頼りにされたいもの、ということでしょうか。男性のやる気を上手に育てることがダメンズ回避法かもしれませんね。
Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

ダメ男】の最新記事
  • モラハラ注意報発令中!こんな男性には注意が必要
  • 自分は量産型のくせに他人のファッションチェックにうるさい男の特徴
  • 犬系男性を愛でていたつもりが、いつの間にか裏切られていた悲劇
  • 付き合って損した――時間の無駄過ぎるダメ恋エピソード
  • 気づけば全部「俺」の話。私の話を最後まで聞いてもらうには?
  • おどろき! 結局どんな会話をしていても「自慢話になってしまう人の頭の中」こうなっていた!
  • 一周まわってダメ男がイイ男? 「ダメ男」なのに女性にモテる理由とは?
  • 「軽薄な男性」に惹かれて辛い恋をしてしまう前に。