網野新花です。
 
セックスでは、相手を喜ばせるためのテクニックが多少なりとも必要ですが、自分では気持ち良いと思っていても、相手にとっては実はあまり気持ち良いと思われていないことも…。
 
そこで今回は、ついつい女性がしがちであるものの、”実は”あまり気持ちよくないセックステクニックを紹介していきます。
 

ディープスロート

 
ディープスロートとは、女性が男性器の奥まで口にくわえるテクニックを指します。AVでは高確率で用いられている定番テクニックで、男性に喜ばれる技であるものの、男性器は亀頭と裏筋の上にある「小帯」を刺激するのが効果的です。
 
そのためディープスロートは女性側の労力のわりに非効率的で、あまりおすすめではありません。
 

ピストン運動を早くする

 
セックスで、ピストン運動は早いほうが良いと思われていますが、実際は違います。早すぎると摩擦がかえってお互い痛みにつながったり、動かしている方の体力がどんどん消耗されるわりに気持ち良くなかったりするので、あまりよくはありません。
 
ピストン運動をするときは、男性器のカリを刺激するつもりで、入れて引きましょう。こうすることでムリなく気持ち良いセックスができます。
 

して欲しいことを聞かれても、「何でもいい」と答える

 
これはセックステクニックというか、会話スキルの問題ですが、相手がして欲しいことを聞いているのに、相手に忖度して「何でもいい」と答えてしまうと、自分の意見がないように思われ、セックスがつまらなくなります。
 

息を吐きまくる

 
確かに、耳に吐息を吐けばそれが色気につながって満足度のアップに貢献しますが、実際は息を吐きまくると、発情期の犬みたくなってしまい、あまり印象がよくありません。また余裕がないように思われるので、やめましょう。
 

同じところばかり責める

 
ビジネスの世界では、「好評だったものは量産する」が基本となっていますが、セックスで同じことをすると、顧客はほぼ1人なので、飽きられます。
 
同じところを責めるにしても、変化をつけるようにしましょう。
 

手コキを強くやる

 
手コキは強くやったほうが気持ち良いと錯覚している女性も多くいますが、実際は強くやると、男性は痛いと感じます。特に仮性の人に対してやると、痛みが増幅するので、手コキは優しくしましょう。
 

本当に気持ち良いと感じるテクニックで相手を喜ばせよう!

 
相手を喜ばせるために、息を吐きまくったり、ピストン運動をムリして早くしたり、ディープスロートをしたり、同じところを責めまくったりしがちですが、これらをしても相手は気持ち良いと感じません。
 
本当に気持ち良いセックステクニックをして、相手に気持ち良いと思ってもらえるようにしましょう。
 
(網野新花/ライター)
 
■一生忘れられない! よかったセックス&キュンとしたセックス5選!
■彼は、私とのセックスに満足していますか?
■実は重要!? 『体の相性』で彼氏と別れたとき3選
 

関連キーワード
SEX】の最新記事
  • これなら許せる?くすりと笑える彼の微笑ましい性癖・5選
  • 男性が喜ぶ愛撫の部位とテクニック
  • ベテラン風俗嬢がすすめるコスチュームプレイの楽しみ方
  • 女性はどんな男性のパンツが好き?彼氏のパンツ事情を赤裸々にご紹介
  • 【食とエロの関係】料理がうまいやつはSEXもうまい、は本当か?
  • 恥ずかし女子の為に。彼氏に引かれない、かつ喜ばれる大胆セックステクニック
  • 巨根派かマイクロペニス派か 本当に「イイ」のはどちら?
  • 体の相性が良いってどういうこと?何が合えばいいの?ポイントは2つだけ