今回は、「セックス中における演技」がテーマです。
 
インターネット上のアンケートを見ても、だいたい7〜8割以上の女性がセックス中に演技をしたことがある、と回答しています。
 
そして男性側も結構演技をしています。大して気持ち良くないけど、「気持ちいいよ」って言うとかね。
 
ただ、セックス中の演技は悪いものではありません。
相手への思いやりからくるもの、自分自身を気持ちを高揚させるためにあえてするものなど、結果的に満足度を高める演技は必要でしょう。
 
では、どの程度の演技なら許されて(バレなくて)、どの程度の演技なら冷めて(バレて)しまうのでしょうか?
 

喘ぎ声が教科書通りだと冷める

 
読者の中には、「たくさん喘ぐと相手のテンションが上がるから」という理由で、喘ぎ声を「演出」する人もいるのではないでしょうか。
 
しかしその演出の仕方が下手だと、流石に男性側にもバレてしまいます。
具体的には「アンッ♡アンッ♡」といった、いかにも教書通りなキレイで高い喘ぎ声などが当てはまります。
 
「マジでいった時の女性の声はそんな生易しいものではなく、どす黒く獣のような声を出す」ということを知っている人にとっては、そんなメルヘンの世界での喘ぎ声を出されても萎えてしまうだけです。
 
喘ぎ声で演技したい時のオススメは「口を手(腕)で塞ぐ」という方法です。
これなら声質でバレるリスクも減らせますし、「声が出てしまうのを恥ずかしがっている」印象も与えられてGOODです。

イクふりはしないほうがいい

 
喘ぎ声の次に多いのは、“イクふり“でしょうか。
 
相手の挿入が雑で大して気持ち良くないとき、「早く終わらなねぇかな」と思い、イッたふりをしてしまう女性が多いと聞きます。
これがワンナイトラブの男ならまだいいですが、今後もする可能性のある相手だと、相手を深く傷つけることになるので、あまりお勧めしません。
 
というのも、これも経験のある男性なら、「女性はイッたあと、そんなにすんなりすぐに動けないこと」や「膣の締りが強くなり、陰茎を吸い上げるように動く」ことを知っているため、気をぬくと演技だとバレる可能性が高いから。
 
逆に経験のない男性なら、「自分は彼女を気持ち良くさせた」という間違った自信をつけてしまうことになり、これもリスキーです。
 
「感じている」ことを仕草や行動で伝えたいなら、シーツや相手の体を「力強く掴む」のがオススメです。
 
ぶっちゃけこれをされると、演技なのかどうかほとんど見分けがつきません。
 

「本性」を抑える仕草はエロい

 
以上、女性がよくやる演技でバレやすいものと、その代わりのバレにくいものを紹介しました。
 
バレやすい演技に共通するものは、本来のからだの動きや反応に反するものです。
一方、バレにくい演技に共通するのは、「理性でコントロールをしようと必死になっている」という点です。
 
口を手で押さえるのも、シーツや体の一部を強く掴むのも、「このままだと理性が崩壊しそう!」という“本性が顔を出すギリギリのところ”を演出することができます。
 
男性はこれを見せられると、女性の中の「抑えられない衝動」を感じられエロスを感じられ、同時に相手に愛情に近い感覚を覚えるのです。
 
もし、今後のセックスで「演技したほうが良いタイミング」になったら、「止めて欲しいけど止めて欲しくない!」という本性と理性のぶつかり合いを上手に演出することを心がけて見てくださいね。
 
(川口美樹 /ライター)
 
■セックス中の演技を上手にするには?イったフリはイク前や後も気をつけよう!
■「演じてないのに…」男性が演技と思うセックス中の女性の反応
■セックス中に萎える反応と逆に興奮する反応
 

関連キーワード
SEX】の最新記事
  • SEX占い|いつかあの人とエッチできる?
  • SEX占い|誕生日で相手の気持ちがわかる!私のことが好き?エッチ目的?
  • SEX占い|彼氏・旦那とのセックスレス、どうすれば解消できますか?
  • セックスレスと無縁に!? 彼が我慢できなくなるとっておきの方法とは?
  • SEX占い|好きな人が興奮するのはこんなセックス!詳しく占います
  • 彼も実はためらっている? アソコのニオイに対する男性の本音
  • SEX占い|好きな人はあなたとセックスしたいと思っている?
  • SEX占い|今、彼が求めているのはどんなセックス?