「48手」と言われるように、セックスには様々な体位があります。
今回は、「レズビアンがお互い気持ちよくなるための体位にはどういったものがあるのか、」を解説していきます。
 

レズビアンのセックスの体位1 後ろから抱きつく

 

ネコ(責められる側)の女性にベッドの上に座ってもらい、タチ(責める側)の女性が後ろから抱きつく形で胸や性器を触る、という体位は人気があります。じっくり触りながら気分を高め合うことが可能です。
 

レズビアンのセックスの体位2 正常位

 

異性愛カップルの定番の体位、正常位はレズビアンにも人気です。ただし、ペニスがないので、挿入は行う場合と行わない場合があります。タチは、ネコの性器を、指や道具(バイブなど)を使って愛撫します。正常位はお互いの表情がよく見えるので、「彼女の感じている顔を見たい!」という女性に人気の体位です。

レズビアンのセックスの体位3 貝合わせ

 

貝合わせとは、性器同士をすり合わせる体位です。ネコの女性に寝転がってもらい、タチの女性はベッドに座る形にして、足をからみ合わせるようにして座りましょう。そして、タチの女性が主導権をとりながら性器をこすり合せることで快感を得ることができます。ただしこの体位は、濡れていないとスムーズに行うことはできません。ですから、貝合わせからスタートするのではなく、ある程度愛撫が終わったあとに、この体位に移行するのがよいでしょう。
 

レズビアンのセックスの体位4 顔の上に乗る

 

クンニをするとき、正常位でするという方法もありますが、相手に顔に乗ってもらう、という方法もあります。ただし、顔に乗って欲しい、と言われるまでは、顔の上に座るのはNGです。相手が求めてきたら顔の上に乗りましょう。責める側からすれば、性器の濡れ方などをじっくり見ることができる体位でもあり、エロチックなムードを盛り上がりやすい体位だ、と言うこともできるでしょう。
 

レズビアンのセックスの体位5 シックスナイン

 

お互いクンニをしたい、責め合いたい、という場合におすすめの体位はシックスナインです。横になって責め合うのもいいですし、どちらかが上に乗ってするのもアリでしょう。
 

さいごに。スキルと感情、両方を大切に

 

48手という言葉があるように、セックスの体位は数え切れません。それは、女性同士であっても同じです。今回は、5つの代表的な体位を紹介しましたが、このほかにもたくさんの体位があります。
 
どの体位が自分たちに一番合っているのかは試してみなければわかりません。ですから、積極的に様々な体位を試してみましょう。
 
セックスは勉強やスポーツと同じで、学ぶことでスキルアップできます。そのため、お互いのためにセックスについて学ぶことは大切です。と同時に、スキルだけ磨いて、相手の気持ちをおざなりにしてしまっては本末転倒です。
 
セックスの目的は自分が気持ちよくなることではなく、お互いに気持ちよくなることですよね。お互いが気持ちよくなるためには、相手の気持ちを考え、しっかりとコミュニケーションをとることが大切です。気持ちとスキル、両方が揃った時、素晴らしいセックスライフを手に入れることができるでしょう。
 
(今来 今/ライター)
 
■レズビアンセックスのやり方|バイの女性が語る実体験レポート
■レズビアンのセックスはいつ終わるの?
■レズビアンのタチはどうやって性欲を満たすの?
 

SEX】の最新記事
  • 彼の性欲を掻き立てる!セックスしたいスイッチをONにする香り
  • セックスレスと無縁に!? 彼が我慢できなくなるとっておきの方法とは?
  • 実りの秋!彼が問答無用で誘われてしまう「果実の香り」って?
  • 彼も実はためらっている? アソコのニオイに対する男性の本音
  • これって私だけ!?自分じゃ分からない変なセックス10選
  • 「何か軽そう…」男性がドン引きする「アソコの黒ずみ」を何とかする方法って!?
  • セックスが下手な男性を傷つけずに「上達させるセリフ」10選
  • 「縛りをつくる?」セックスレスの画期的な解決策をご紹介!