前戯が下手くそな男性に不満を感じている女性、あなたの前戯は大丈夫ですか?
前戯が下手くそだと、男性だって満足できません。
 
性のすれ違いは関係のすれ違いにもなるので、男性が悦ぶ前戯テクニックを習得して、彼を悦ばせてあげましょう。
 
そこで今回は、男性が悦ぶ前戯のテクニックをいくつかご紹介。
前戯女王を目指しましょう!
 

時間はたっぷりと

 
前戯が下手くそな女性にありがちなのが、テクニック云々ではなく、とにかく時間が短いこと。
 
一つ一つの前戯に時間をかけるだけでも男性を悦ばすことができるので、前戯に時間をかけない女性は長くすることを心がけてみて下さい。
 
基準がわからない女性は、前戯だけで果てさせる気持ちで奉仕してあげるといいですよ。

実験をするようにイメージを膨らませて前戯する

 
前戯に定義はありませんので、実験をするかのように色々と試して前戯をしてみると、それだけでテクニックの上達に繋がりますよ。
 
色々と試せば前戯のレパートリーも増えますし、彼の好みの部位や攻め方などもわかってくるので、「ここはどうかな?」「こうすると気持ちいいのかな?」と探り探り前戯してみて下さい。
 

全身を使う

 
前戯下手な女性は、全身を使って前戯するよう心がけてみて下さい。
 
例えば、においを嗅ぐというのも手法ですし、髪の毛だって前戯に使えなくもありません。
 
また、爪を使う、体をこすりつける、唾液を垂らす、揉む、卑猥な恰好をさせるなど、イメージを膨らませれば様々にできるのですから、口にくわえて終わりという下手くそ前戯はいい加減に卒業しましょう。
 

全身を攻める

 
前戯の攻めポイントは、頭の先から足の先までです。
 
性感帯だけ攻めるのもいいですが、前戯で男性を悦ばせたい女性は、彼の全身を愛撫してみて下さい。
 
「そんなところも?」と思うようなポイントも攻めの対象なので、彼の恥ずかしがるところをバシバシ攻めてみましょう。

縦横無尽に舌を使う

 
男性が「前戯が上手い」「愛撫が上手い」と感じる女性は、舌使いが上手な女性です。
 
キスにしても愛撫にしても、舌が上手に使えないと気持ちよく感じないので、右に左に上に下に、クルクル回してくねらせるように、縦横無尽な舌使いを心がけてみて下さい。
 

さいごに

 
前戯とは、料理の下ごしらえのようなものです。
 
疎かにすればそれなりの物しかできないので、時間をかけて愛情たっぷりの前戯をしてあげると、きっと彼を悦ばせることができますよ。
 
(瀬戸 樹/ライター)
 
■大好きな彼に愛撫をもっとしてもらいたい!エッチの「促し」テクニック4選
■男性が感じる「エッチが合う」とは、つまりこういうこと
■気持ちよすぎる! 彼がとりこになるフェラのテクニック
 

SEX】の最新記事
  • 甘える彼を見るチャンス!? ピロートークは何を話す?
  • 夢見がちな素人童貞彼氏の目を覚まさせる方法
  • 元風俗嬢が見た!「おもしろAV」
  • エッチの隠語知っている?オフパコ、パコる…セックスを表す言葉10選
  • 男性が彼女をエロいと感じる瞬間
  • どう切り出すのが正解?セフレとの別れ方ハウツー
  • 恋人より大事?セフレとの付き合いを楽しむ8ヶ条
  • 前戯を制する者はセックスを制する!女性が思う最高の前戯とは?