僕のところにもちょいちょい相談がくる「コンドームをつけようとしてくれない彼氏」の存在。
 
「そんな奴とは別れてしまえ」が僕の中の結論なのですが、流石にそれは暴論だろうと思い、確実にゴムをつけさせるにはどうしたらいいのか?を考えてみることにしました。
 
結果、一番効果的であろうと思ったのが、
 
●二人にとって気持ちの良いコンドームを探す
コンドームを女性がつけてあげる
 
という2つの方法です。

男性がコンドームをつけない理由

 
インターネット上の様々なアンケートを見ていると、男性がコンドームをつけない理由の大半は「気持ち良くないから」と「雰囲気が壊れるから」という理由でした。
 
であれば、「気持ちよくて」「雰囲気が壊れない」のであれば、男はゴムをつけるのではないかと考えたわけです。
 
男だって、責任の追えない妊娠は望まないわけですから、その2つの要件が満たされるのであれば文句がないはずです。
 

二人にとって気持ちの良いコンドームを探す

 
昨今のコンドームは薄さ以外にも非常に進化しており、素材にこだわったものやホットジェルが最初からついているものなど、非常に多岐に渡ります。
 
例えば、SKYNという商品は、素材が医療用の手袋に使われている素材が使われており、
 
●摩擦感が少なく「ゴムの装着感」が薄く
●コンドーム特有のゴム臭さもなく
●ゼリー付きで挿入の時の痛みも和らげる
 
といった特徴があります。
 
割と「生っぽい」ので、ゴムは気持ち良くないと信じてやまない日本男児にお勧めしたい商品です。
 
しかしこれはあくまでも僕個人の好みと、これまでのお相手の反応によって決まったマイベストなので、あなたやあなたのお相手にフィットするかはわかりません。
 
僕は一人でも自分に合うゴムを研究しましたが、多くの男性はそんなことはせずにラブホにおいてあるコンドームが全てだと思っています。
 
そこで「二人にとって最適なコンドームがある」という情報が伝われば、彼の姿勢を変える可能性があります。

コンドームを女性がつけてあげる

 
並行して重要になるのが、女性がコンドームをつけてあげるということ。
 
コンドームをめんどくさがる男の言い訳として、つけている間の気まずさが嫌い、とか、上手につけられないと恥ずかしい、といった理由が挙げられます。
 
そこで、女性が積極的にゴムをつけてくれると、これらの言い訳が解消されるために、素直にしたがってくれる可能性があるということです。
加えて女性の「痴女っぽさ」が演出され、男性側の興奮を誘うのもポイントです。
 
これは技術的にも慣れが必要ですし人を選ぶと思いますが、「口でつける」ことができるなら、男はまず間違いない無く拒否しません。
 
ここに、二人のお気に入りのコンドームの存在がかけ合わさっていると相乗効果が生まれます。
 
なぜなら「つけると気持ちいい」とわかっているコンドームを、彼女が積極的につけようとしてくれている=自分のペニスを欲しがっているように見えるため、承認欲求がかなり満たされるのです。(体験談)
 

強制するより楽しませることが重要

 
ゴムをつけない相手に、「結婚してくれるってことだよね?」って脅すのも確かに効果的ではありますが、セックスの雰囲気は壊れるので現実的はありません。
 
どんな分野であれ、教育は「無理やりさせる」よりも「積極的にしたくなるように仕向ける」ことがとても重要です。
 
そのためには、彼がつけて気持ちいいコンドームを見つけること、そしてそれを女性がつけてあげることが効果的です。
もちろん、男性の意識が変わって、「ゴムつけないやつなんてクソダサい」っていう認識になるのが一番いいんですけどね。
 
(川口美樹 /ライター)
 
■コンドームのサイズの重要性【女性の体を守るために】
■コンドームが破れた!?そんなときの対処法とは?
■ゴムを付けないのは危険?ゴム無しセックスに潜む脅威とは
 

関連キーワード
SEX】の最新記事
  • 誕生日プレゼントは私?男が誕生日にヤリたいSEX!
  • これが男性心理!エッチ中の「声」はガマン派?出してほしい派?
  • セックスレスと無縁に!? 彼が我慢できなくなるとっておきの方法とは?
  • この町一番の巨根…?SEXせずとも大きさが分かる方法
  • 彼も実はためらっている? アソコのニオイに対する男性の本音
  • 悶絶注意!セックスでめっちゃイケる方法
  • めざせ前戯女王!オトコが悦ぶテクニックを極める
  • 快感を最高に高める!セックスの「焦らし」テクニック