男性のセックスの入り口って、基本AVですよね。
でもセックスの経験が増えていくうちに、たいていの男性は「AVとリアルなセックスって違うんだな」と気づきはじめるもの。
 
しかしいまだにAVがお手本となってしまい、気持ちいいどころか痛みしか感じないプレイをしてくる男性も……。
 
そこで今回は「AVをリアルだと思っている男の残念すぎるセックス」についてご紹介します。
 

とにかく激しすぎる

 
・「ガシガシ手○ンしてきたり、乳首をガリガリ噛んだり……。やり方が激しくて雑な元カレがいた。お風呂に入るだけでも染みるし、マジ勘弁してって感じでした」(30歳/営業事務)
 
AVの世界は見栄えの問題からか、前戯にしても挿入後の動きにしても、とにかく激しいものが多いですよね。でもセックスは生身の人間を相手にしているのですから、そりゃ激しければ激しいほど痛くて当たり前。そのときは痛みに耐えても、あとから赤く腫れ上がったり、膀胱炎になることも……。
 
しかもこういう男性に限って、「イッたの?」だの「こんなに触っているのに気持ち良くないなんてヤバくない?」だの、勘違い発言を連発。女性の体をわかっていないんだなと思います。

ムダに体位を変えたがる

 
・「執拗に体位を変えられると、せっかく気持ち良くなってきても振り出しに戻ってしまう。体力も消耗するし、アソコがヒリヒリしてくるんですよね。内心やめてほしいなって思っています」(28歳/IT)
 
AVって色んな体位が出てきますよね。中には「それ本当に気持ち良いの?」と思う謎な体位まで。でもそれを鵜呑みにして、女性をベッド上で引きずり回し、次々と体位を変える男性も。
 
単純に気が散りますし、人によっては挿入する瞬間に痛みも伴います。そのため体位を変えるごとに挿入が繰り返されると、何度も苦痛を味わうハメに。
 
女性の体を考えるのであれば、体位を変えるのは多くても3回程度に留めてほしいものです。
 

嫌がっているのに「喜んでいる」と勘違い

 
・「無理やりフェ○を強要してくる彼。私が『舐めたくない』と言っているのに、『本当はこれが欲しいんだろ?』とイマ○チオの体制に。いやいや、そんなもの欲しくない! いい加減にしてって思います」(32歳/住宅)
 
「イヤ」と言っているのに、それを恥ずかしがっているだけとか、本当は喜んでいると受け取る男性もいます。おそらくAVに「嫌がる女子を無理やり犯したら感じ始めた」みたいなシリーズがあるため、少なからずそういったシチュエーションが脳内に刻まれているのでしょう。
 
そのため「イヤ」と言ってもわかってもらえず、むしろ彼の行動はエスカレート。こうなってしまうと、セックスへの抵抗が増しますよね。

さいごに

 
「AVはファンタジー」なんて言葉がありますが、まさにその通り。AVはあくまで見る側が喜ぶように作られているだけのもの。
 
それを本気で捉えて、「よし! 彼女に実践するときが来た!」なんて思っている男子は、やっぱり残念。
 
もしそんなセックスに直面した場合は、ガマンせず正直に「痛い」と言いましょう。それで彼が不機嫌になるようなら、そんなのはたいした男じゃありませんよ。
 
(和/ライター)
 
■AVとセックスは違う!「AVを見すぎた男性」の調教方法
■AVでセックスを勘違いしてしまった男性、どう改善する?
■男のSEXの上手さは「同じ人とした回数」でしか磨かれない
 

関連キーワード
SEX】の最新記事
  • こんなものまである! 男性も驚きのマニアックAV・6選
  • 身体の相性の基準って?
  • 新発見!男性がオナ禁すると〇〇が改善する!?
  • 性癖の目覚めと開花するのはいつ?まさかの性癖ができる瞬間
  • ソファーならではのセックステク
  • ドMな彼氏も悪くない!? 彼が喜ぶセックステクニック
  • 男性の心を掴んでもっと愛され上手に!男心をくすぐる「イキ方」
  • 行為前に分かるセックスがうまい男性の4つの特徴