「ほどほどにセックス好き」な女子であれば、男子としてもきっと大歓迎のハズ。

 

自己満セックスは男女共通でウザい!

 

しかし、それが明らかに度を越した「セックス狂」であれば男子は困惑してしまうことでしょう。

セックスへ並々ならぬ執着心を持つ女子と遭遇した男子から、その恐怖体験を聞くことができました。

男子を「怖かった……」と恐怖でおののかせるほどセックスに執着する女たち。

そんなセックス狂女子と遭遇した男子にその恐怖体験を聞いてみました。

●その1:「犯して」と叫ぶ女

「彼女の部屋に入った途端に玄関で、『ここで犯して!』とヒステリックに叫んで、服を脱ぎ始めた年上女性がいました。シャワーも浴びようとしないんですよ。それにそのセリフがまず怖いよ。恐ろしくてすぐにそこから逃げ出しました」(26歳/広告)

●その2:「切り落とす」宣言する女

「あまりにも仕事で疲れていたので、迫ってくる彼女に『今日は無理』とセックスを断ったら、なかなかできないような恐怖体験を味わいました。鬼の形相と化した彼女が『役に立たないチ○コは切り落としてやる』と台所から包丁を持ってきたんです。ますます勃ちませんよね。怖すぎたので土下座して謝って、翌日から別れる準備をスタートしました」(31歳/会社経営)

●その3:コンドーム専門店な女

「2〜3回飲みに行った女の子と盛り上がり、その子の家でいざセックスというときに、サイドテーブルの引き出しを何の気なしに空けたらコンドームの山。しかもいろいろなタイプのを用意していました。オマエはコンドーム屋か! 付き合ってもいない男を連れ込んで、ヤリまくってるところが簡単に想像できました」(28歳/営業)

●その4:自分の美を最優先する女

「前カノが強烈な人でした。『生理直前はブス日』らしく『私がキレイでいた方がいいでしょ?』と生理直前期には毎晩セックスさせられました。セックスすると女性ホルモンが活性化して、肌の調子が良くなったり女性らしいボディラインになるのだと、時間をかけて説明されました……。スゴい美人でスタイルのいい彼女でしたが、俺が疲れている日にも自分の都合で、無理矢理セックスしようとしてくるので疲れて別れました。何でオマエの美容事情に振り回されなきゃいけないんだよ」(30歳/IT)

●その5:寝ている間に犯す女

「後にも先にもそれが初経験。はじめのうちは金縛りかなと思ったんです。でも何だか身体がリアルに重いなと思って目を開けたら、女性が自分の上に乗って身体を動かしていました。僕は服を着ていたはずなのに脱がされていて裸。眠っている間にヤラれていました……。合コンが終わってホテルに行った女性なのですが『1回じゃ足りない』という理由だったみたい。だからといって普通、寝ながら犯すか?」(29歳/運輸)

セックスはふたりで作るもの。

中には独りよがりな「自己満セックス」をする男性もいますが、同じように逆バージョンもあるのだと分かりますね。

くれぐれもひとりで暴走してしまうことのないように、気を付けたいものです。

 

関連コラム

 

彼が浮気をしているかも…と思った時、まずするべきこととは?
3年越しの恋愛を見事叶えた…ある意外なテクニックとは?
リアル体験談!最愛の元カレから「もう一度やり直したい」
「終わりにしたい…」そう思っていた女性の驚愕の不倫体験談
Written by Gow! Magazine編集部
Photo by David Photo Studio

関連キーワード
SEX】の最新記事
  • こんなものまである! 男性も驚きのマニアックAV・6選
  • 身体の相性の基準って?
  • 新発見!男性がオナ禁すると〇〇が改善する!?
  • 性癖の目覚めと開花するのはいつ?まさかの性癖ができる瞬間
  • ソファーならではのセックステク
  • ドMな彼氏も悪くない!? 彼が喜ぶセックステクニック
  • 男性の心を掴んでもっと愛され上手に!男心をくすぐる「イキ方」
  • 行為前に分かるセックスがうまい男性の4つの特徴