付き合っている彼のことがどんなに大好きだったとしても、「今日はどうしてもセックスしたくない……」ってときありますよね。
 
しかし、露骨に嫌な顔をしたり、ストレートに言葉をぶつけるなど、断り方を間違えてしまうと、彼の自尊心を傷つけたり、彼に予想外のダメージを与えてしまうこになりかねません。
 
そこで、今回はどうしてもセックスがしたくない日、彼氏にどのように伝えれば、傷つけずに、円満に断ることができるのかを考えてみました。
 

「本当は自分もしたい」とアピールする

 

男性はセックスを断られると、まるで自分自身を否定されたように思って傷ついてしまいます。ですから、「あなたとしたくないわけじゃない。だけど、今日は○○でどうしてもその気になれないの。また今度しようね」と、自分もあくまで「したい気持ちはあるのだ」ということをアピールしましょう。○○に入る部分は本当のことじゃなくてもかまいませんよ。

体調が悪いことにする

 

セックスをしたくないときに「ごめんね。今、生理中なの」と言ったことのある人は多いと思いますが、結局これがもっとも無難な断りかたかもしれません。したくてもできない状態なのだから、彼も納得せざるを得ません。ほかには「熱がある」「寝不足だからゆっくり寝たい」など。
 
そこで無理強いしてくるような男は、あなたのことよりも自分の静浴を優先させるモラ男です。今後の付き合いかたを見直した方がいいかもしれません。
 

「セックスの日」をリスケする

 

男性がセックスを誘ってくるときは「とにかく今すぐしたい!」と、かなりその気になっている状態です。
そんな状態のところへ「今日は嫌」とあっさり断られてしまうと「なんだよ、俺のこと好きじゃないの?」としょげてしまうし、性欲を持て余して悶々とさせてしまいます。
 
そこで、「今日は疲れてるから無理だけど、明日ならいいよ。今日できなかった分、いっぱいしようね」などと、代替日を設定してリスケすれば、彼は安心して我慢してくれます。
 

セックスどころじゃないと思わせる

 

彼が誘ってきそうと思ったら、すかさず「今日ね、会社ですっごく嫌なことがあったの……」と泣きそうな顔をしてみせる。演技力が必要ですが、悩んでいる恋人の姿に心配になって「取りあえずセックスはやめて、話を聞いてあげよう」という雰囲気へ持っていくことができます。
 
ただ、慰めているうちにどんどん愛おしい気持ちが盛り上がって、余計に「抱きたい」となってしまう可能性もあるので、悩み事の内容はできるだけヘヴィーなものにしましょう。嘘でもかまいませんが、バレない程度のもので!

危険日をアピール

 

「今日は危ない日なの」と言ってしまえば、子どもができてもいいと覚悟のできている人でなければ腰が引けるはず。女性がピルを飲んでいない限り、いくらコンドームで避妊していても妊娠する可能性はゼロではありませんからね。
 

さいごに

 

男性のハートは女性が考えている以上にナイーブだったりもします。無神経な断り方をすれば深く傷ついてしまい、別れにつながったり、セックスレスの原因になることもあります。
 
男性のプライドを壊さないよう、上手に断るようにしましょう。
 
(yummy!編集部)
 
■「今日は生理だから……」彼を傷つけずに夜を断るには?
■「今日は生理だから……」彼を傷つけずに夜を断るには?
■「今日は乗らない…」セックスが気持ちよくないときの対処法5つ
 

SEX】の最新記事
  • 「気持ちいい…」セックス中に男性が感じているときに見せる仕草
  • キスの仕方で分かる! 相手の「エロ度」
  • 膣圧ゆるいと男にフラれる?大きな声では言えない男性の本音
  • いつもと違うドキドキ感♡ ソファーセックスの楽しみ方とオススメ体位
  • セックスが盛り上がる!魅惑のロールプレイ5選
  • セックスでイケない女性の意外な理由とは?
  • しばらくご無沙汰……セカンドバージン女性が久しぶりのセックスで気を付けること
  • 彼氏を離さない!男性を夢中にさせる「膣トレ」の極意!