新生活の始まりや世の中のどうしようもない状況で、「会いたいけど会えない」そんなプチ遠距離恋愛のような、セックスレス状態になってしまったカップルもいることでしょう。
 
そんなときには音楽を聴いたり映画を観たり、寂しさを紛らわせることも多いのではでないでしょうか?
 
「会えない時間が愛を育てる」なんていう歌詞や物語には、つい心が反応しちゃいますよね。
 
でも、「会えるはずなのに会えない」これって実は心だけではなく、体も反応してしまう、恋に魔法をかける絶妙なスパイスだったようです!
 
近距離で暮らしている、または同棲していて毎日イチャイチャしているカップルよりも、離れているカップルのほうがセックスの回数が多いということが、ある調査によって判明しました。その詳細をご紹介します。
 

セックス回数の調査

 

イギリスのタブロイド紙『Daily Mail』の2013年の報道によると、イギリスのホテルチェーン「ブルー・レインボー・アパートホテル」が、2007組のカップルを対象に、「パートナーと1年のあいだ、どれだけセックスをするか?」といったアンケート調査を行いました。
 
その結果、「1年間で会えない日が12日以下」という、ほぼ毎日顔を合わせているカップルの年間セックス回数の平均は、約56回(週1ペース)。
 
ところが、月に1〜2日離れて過ごすカップルは1年で平均110回(3日に1回ペース)セックスをしているということが明らかになりました。毎日会っているカップルに比べて、その数はなんと倍以上です。
 
少々飛躍した感想かもしれませんが「セックス=愛」と考えるなら、より情熱的な夜を過ごしているのは、会えない時間があるカップルということになりますよね。

会わないことが愛を深める?

 

セックスの回数が増える理由として多かったのは、「1日でも離れて過ごすと、再会したときに性的興奮を感じる」(54%)といった解答。前日に独りの夜を過ごしたため、性的エネルギーがあり余っていて、情熱的なムードに染まりやすかったのではないかと分析されています。
 
さらに、全体の67%が「仕事や出張で会えない前の日と、出張から帰ってきたときにはセックスをする」と回答しました。
 
また、全体の88%が「家から離れたところだとよりリラックスでき、セックスするようになる」と回答しているように、セックスの回数を増やすためには、旅行に行くことや家以外の場所で一晩を過ごすことが有効的なようです。
 

ラブラブな関係を維持するために

 

仕事に打ち込んで家に帰れない、または帰りが遅くなって夜のコミュニケーション不足があったとしても、捉え方によっては愛を高める結果にまります。趣味や友達との時間も大切にする人も同様です。
 
すれ違い気味になることが多いカップルは、仕事の疲れを癒したり、2人だけの時間を演出するために少し遠出して夜を過ごせば、もっともっと愛が深まるということですね。
 
みなさんもラブラブな関係を維持するために、たまには「会わない日」を設けてみてもいいかもしれません。
 
参考:Working away from home boosts sex life: Couples who spend at least one night apart a month 'have more sex with their partner' | Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2396810/Working-away-home-boosts-sex-life-Couples-spend-night-apart-month-sex-partner.html
 
(yummy!編集部)
 
■会えない方が恋が進展する!? 男性が惹かれる「ミステリアスさ」
■彼氏と会えない時期でも熱を下げないためには?
■会えないときの連絡の取り方でわかる!男性の本気度
 

pickup!
SEX】の最新記事
  • 食事とセックスの関係は? 付き合う前の食事が大切なワケ
  • 生理中にセックスを求めてくる男ってどう?
  • 男性が萎えてしまう……セックス中の女性のNG言動とは?
  • セックス中に起こった爆笑珍エピソード5選
  • 忘れられない♡ 心に残ったセックスエピソード3選
  • 男性が萎えてしまう……ベッドの中でのNG行動とは?
  • セックスしたくない……彼氏を傷つけずにうまくエッチを断る方法5選
  • みんなオナニーする? 日本人女性のオナニー事情