5月16日が何の日かご存知ですか? 知らないと、早死にしてしまうかもしれません。
なんと、5月16日は「セックスをすると3年以内に死ぬ日」なのです! この衝撃的な言い伝えの由来をご紹介いたします。

なぜ、5月16日にセックスしたら死んでしまう?

 

「5月16日にセックスをすると、3年以内に死ぬ」
これは江戸時代の艶本『艶話枕筥(つやばなしまくらばこ)』に書かれている一項目です。艶本というのは、現代でいうエロ本の類ではあるのですが、由来が『医心方(いしんぼう)』という医学書とされています。
 
『医心方』とは、平安時代に書かれた全三十巻の医学書で、日本最古の医学書でもあります。著者は丹波康頼(たんばやすのり)。中国の王朝・後漢を先祖に持つ大陸からの帰化人の末裔で、日本においては東洋医学の祖とされています。
 
医心方第二十八巻に「房内編」という項目があり、そこには男女の夜の営みについて、事細かに記されています。中には「女性を“倡女”のように嬉戯させる法」「交接で得られる長寿の秘訣」のようなことや、「房中術」という現代でもHow to sexのテクニックとして引用される方法も載っています。
 
朝廷にも献上された由緒ある『医心方』を元にした『艶話枕筥』。「5月16日にセックスすると、3年以内に死ぬ」も、ただのエロ本の戯言ではないのです。

セックスすると死ぬという根拠は諸説ある

 

松山藩士、日下部維岳(くさかべいがく)の随筆集『古今記聞(ここんきぶん)』にも、『艶話枕筥』と同じく、5月16日にセックスをすると3年以内に死ぬという内容が書かれています。こちらの場合、根拠は中国道教から伝わる庚申信仰(こうしんしんこう)由来となっています。
 
庚申信仰では、庚申の日に“人に宿る三尺の虫”が寿命を司る神・天帝の元へとおもむき、その人の悪行を告げると考えられています。悪いことをすると、寿命を縮められてしまうのです。
 
しかし、三尺の虫は人が眠っている間でなければ動けないので、人々は庚申の日は徹夜で過ごし、セックス後は眠くなってしまうことや、女性が穢れを持つ存在という考えから、この日はセックスも禁忌としました。
 
ちなみに、庚申の日は60日に1回やってきますので、こちらの説ですと性交禁忌の日は1年に6回も存在することになってしまいます。寿命がいくらあっても足りませんね。
 
この他にも、古代中国の思想・陰陽(いんよう)という説もあります。
陰陽思想では5月16日は往亡日(おうもうにち)とされています。この日に戦で軍を進めると滅ぶとされていて、戦以外にも移転、転職、婚礼なども禁忌とされていました。セックスもある意味で戦であり、進軍でもありますので、禁忌とされたのでしょう。
 
この往亡日は太陰太陽暦に基づいて毎月存在しており、1年間に12日間も存在しています。当然、セックス禁忌の日も12日間存在することになってしまいます。

陰陽思想で男女の気の流れを操ろう!

 

「医心方の房内編」「道教の庚申論」「往亡日」は全て陰陽思想からきています。
 
この陰陽思想というのは、陰と陽が相和して万象万物が創造されるという思想です。男を陽、女を陰とし、交われば子供が生まれ、両親が和合してこそ子供は良い子に育ち、それもまた万象万物の創造に繋がる道であると説いています。
 
「5月16日にセックスをすると3年以内に死ぬ」という根拠は、陰陽思想においてこの日は気の流れが悪く、男女の和合を乱し、体を壊して最悪の場合は死んでしまう、ということなのかもしれません。
 
これに習って、明日は「セックスを我慢する日」にしてみるのもいいかもしれませんよ。
 
(Wicca/ライター)
 
■ドキドキが止まらない!「エロい和歌」5選
■江戸時代の日本はセックス大国!先祖が読んだSEX教本とは…
■日本人のSEXに対するネガティブイメージと「まぐわい」
 

SEX】の最新記事
  • エロいタロット占い|今日のあなたのSEX運は?
  • 男性をその気にさせる!「萎えた性器」を復活させる4つの方法
  • SEX済みだけど恋人じゃない…正式に彼女になれる可能性は?
  • SEX占い|私と彼の身体の相性は?
  • エロいタロット占い|今、あなたにイケナイ視線を向けている人は?
  • タロット占い|エロすぎ注意!今、あなたにエッチな視線を送る異性
  • 気になる彼のエッチ事情♡ これまでのSEX経験は?
  • SEX占い|あなたを翻弄する異性の正体とは?