恋愛コラムを書いていると、プライベートの恋愛に関して誤解されることが多くて、大変……
 
そんな恋愛コラムニストたちの残念な「悲しいあるある」エピソードをまとめました。
あくまでも仕事は仕事。プライベートは違うんですよっ!
 

恋愛コラムニストが勘違いされがちなこと

 
友人や男子たちから、さまざまな勘違いをされてしまうのが恋愛コラムニストのつらいところです。そんな本音を、今回は大暴露しちゃいますよ!
 
●その1:恋愛経験が豊富すぎると思われる
 
「よくネタがつきないね」「それだけたくさん恋愛してきたのね」「恋愛のプロなんだね」と、恋多き女だと思われて身を引かれることも。
自分のエピソードだけだと当然、枯渇します。友だちからもらったネタ、合コンで出たネタを盛り込んで書くこともあります。
 
●その2:いつも男子を観察していると思われる
 
「××な男子の特徴10選」などと書くので、男子から異常に警戒されます。
でも、つねに観察しているわけではありません。ネタになりそうな男子は観察しますが、本命男子の前ではそんなことをする余裕などありません。かわいい女子を演じようと頑張っていますから。

関連キーワード
SEX】の最新記事
  • 好きな人とセックスできる日はもうすぐ?
  • 今、あなたと「ワンチャン」を狙っているのは?
  • そんなに生がいい!? コンドーム着けない男の苦しい言い訳6選
  • なぜか見つけてしまう…男たちが知恵を絞ったAVの隠し場所5選
  • あなたが満たされるのはどんなセックス?
  • エッチでイケない理由をズバリ!彼氏任せにしてもイケません
  • セックスで彼を出世街道に?「あげまん」テクニック
  • 女を磨くオススメ朝活!「朝セックス」はカップルを健やかにする!?