仕事や趣味に明け暮れて、「気がついたら、ずいぶんセックスしていない……」というアラサー女子が増えているそうです。1年以上セックスから遠ざかってしまうと、何だか不安に感じたり、「私って、女として大丈夫かな?」と焦ってしまうことはありませんか?
 
いい年になると、女子会と言えどもごぶさたぶりをカミングアウトするのは、なんだか気恥ずかしいですよね。
 
今回は、そんなセックスごぶさた女子の身体や心のお悩みに、赤裸々にお答えいたします。
 

その1:しばらくヤッてない

 

「4年以上彼氏ができず、その間まったくセックスをしていないので、『男日照り』な感じがにじみ出ていないか不安……」(32歳/自営業)
 
○「男日照りな感じがますます非モテにつながってるのかも……」そんな不安ありますよね。
 
筆者の友人のA子は、彼氏いない歴が長いのですが、最近オナニーにハマッていて、不思議と肌もキレイになって女度を上げています。A子によると「自分で腰を振って汗をかき、代謝が上がったのかも」とのこと。そういえば前よりスタイルも良くなってる!
 
そのくびれた腰を横目に、「もともとセックスは好きじゃないし」と強がって女を捨ててしまっている別のごぶさた女子の友人もいましたが、そちらは男がいない哀れさがあからさまににじみ出ていました……。
 
男日照りなオーラは、自分に自信を持つことで払拭されると思いますよ。まずは恋愛やセックスを遠ざけないという気持ちが大切です!

その2:セックスが痛そう

 

「彼と別れて2年近く経っています。こんなに長くセックスしていないと、次にしたときに初体験のときのように、痛くて挿入できないんじゃないかと正直怖い」(27歳/介護福祉士)
 
○初体験で痛い思いをした人は、とくに心配になりますよね……。
 
親友のB子は初体験の痛みが強かったせいか、気持ち良いと感じたことが1度もなく、長い間セックスレスだったんです。でも、ヨガを始めてしなやかボディを手に入れたとたん、セックスの良さの虜に。身体の硬さがなくなり、セックス中でもリラックスしているのが自分でも分るそうです。
 
それでも心配ならバイブやタンポンで慣れておくと、気持ちも楽に感じて、緊張からの身体のこわばりもなくなり、スムーズな挿入ができると思います。
 

その3:ホルモン的にヤバくない?

 

「気がついたらおひとりさま歴が5年以上経過。いよいよホルモンバランスに影響を及ぼすのではと心配です」(33歳/ネイリスト)
 
○アラサーになると、ホルモンバランスの崩れに敏感になってしまいますよね。
 
でもセックスでホルモンを作り出している訳ではないので、していないからといって、ホルモンのバランスが崩れるということはないそうですよ。
 
しかし5年ものあいだ、異性を意識せずに生活していたら、身体がなまって性欲も減っていくので、好きなひとを作るとか、恋愛ドラマとかで、恋愛の自主練習を。心理カウンセラーの栫井利依さんによると、片思いのドキドキでも、脳内ホルモンのドーパミンが出て若々しさにつながるそうですよ。

その4:男性に引かれそう

 

「3年ぐらいしていないので、次のセックスのときに、相手に『ごぶさた』だったことがバレてドン引きされるんじゃないかと不安」(30歳/IT)
 
○ごぶさた過ぎると、男性に対して恐怖心や遠慮が大きくなってしまうひとも多いみたいですね。
 
でも、筆者が周りの男性にリサーチした結果、ほとんどの男性は、女性のごぶさたに気がついていないことが判明。万が一、痛くて挿入に時間がかかったり、ギクシャクした雰囲気になったとしても、気に病むことはありません。なぜなら、ごぶさた女子に対して男性は「慎重な子が、自分には身体を許してくれている」や「頑張り甲斐がある」と好感触の意見ばかりだったからです。素直に「恋愛が久しぶりすぎて……」と打ち明けたほうが萌えてくれるかも。
 

その5:セックスフレンドが欲しい

 

「彼氏が転勤で遠距離恋愛に。タイプの男性に声を掛けられると揺れてしまうし、もう、ぶっちゃけセックスフレンドでも作っておかないと、女として干からびそう」(28歳/受付)
 
○これはあまり同意できませんね。
 
ごぶさた女子が陥ってはいけないのが、特定のパートナーがいないにもかかわらず、定期的にセックスをしようとすることです。恋愛のコミュニケーションではなく、セックス自体が目的となって、ときには浅はかな行動を取ってしまうから。
 
不特定多数の男性と関係を持つことは、身体だけでなく心にも悪影響を及ぼすと思います。本当に好きな彼ができたときに後悔することになるかも……。
 
今、ごぶさた女子でも、大丈夫。焦らないことが大切です。
 

ワンナイトラブでは癒されません!

 

ごぶさた女子の悩みは、身体に関することよりも、むしろ「セックスしていない」「誰からも求められない」ということを気にして、精神的に焦ってしまうことが問題のようです。そのことが、ストレスやコンプレックスに感じてしまい、ギスギスしてくると思い切った行動に出られなくて、さらに恋愛から遠ざかるという悪循環にもつながります。
 
ごぶさたの時期には、自分の身体のどこがどんな風に感じるのかなど、ひとりHで感度を上げ、次へのセックスを楽しめる身体の準備をしておく時間にしましょう。
 
くれぐれも妙な負い目を感じて、ワンナイトラブに走ったりしないように。
 
(yummy!編集部)
 
■最近セックスしていない……ご無沙汰女子が得すること
■恋愛がご無沙汰な「枯れ女カレジョ」を男性はどう思う?
■しばらくご無沙汰……セカンドバージン女性が久しぶりのセックスで気を付けること
 

SEX】の最新記事
  • 彼の性欲を掻き立てる!セックスしたいスイッチをONにする香り
  • セックスレスと無縁に!? 彼が我慢できなくなるとっておきの方法とは?
  • 実りの秋!彼が問答無用で誘われてしまう「果実の香り」って?
  • 彼も実はためらっている? アソコのニオイに対する男性の本音
  • これって私だけ!?自分じゃ分からない変なセックス10選
  • 「何か軽そう…」男性がドン引きする「アソコの黒ずみ」を何とかする方法って!?
  • セックスが下手な男性を傷つけずに「上達させるセリフ」10選
  • 「縛りをつくる?」セックスレスの画期的な解決策をご紹介!