セックスが思ったよりも上手くいかないと男性は傷ついてしまうもの。そんな時にどうしたら自尊心を損なわずにフォローできるのでしょうか。今回はテクニック不足の男性に対してそれとなく励ませる方法を集めました。

 

1.満足げに「すごく気持ち良かった!」

 

「ひと言あるだけでお世辞でも救われる」(29歳・男性)男性は自分からは聞けなくてもなにかしらのリアクションを女性に求めているもの。そんなとき、実際のプレイはさておき頑張ったことを認めてくれるパートナーのひとことが重要です。たとえ最高潮に達していなくても気持ち良かった、と声をかけてもらえるだけで次回のプレイへのモチベーションにもつながります。

 

2.あえて失敗には触れずに「好きだよ」

 

「テクニックよりも気持ちが伝わったんだと思うと嬉しい」(30歳・男性)お世辞にもプレイが上手と言えなかった場合も、相手がどんな気持ちで時間を過ごそうとしてくれたかその過程に目を向ける必要があります。試行錯誤している横顔を見て、愛おしく感じることがあるならその気持ちを素直に伝えるべきです。好きだよ、のひと言でテクニックを超えたセックスの本来の醍醐味をふたりで享受することができます。

 

3.微笑みながら「明日もう一回しよ」

 

「体調のせいで気持ちがあってもどうにも身体が動かないことがある。そこを察してくれる懐の広さに惹かれる」(33歳・男性)男性にはフィニッシュをしたくても日々の疲れのせいで到達しなかったり、途中で体力切れになってしまうことがあります。そんなときは優しく声をかけ、翌日以降にプレイを持ち越すことも選択肢のひとつ。ムードを先行させて無理するよりも、質の良いセックスに重点を置くのがこのタイプです。

 

4.可愛らしく「キスしてるだけで幸せ」

 

「本当に自分のことを好いてくれているんだと感じる」(31歳・男性)性交渉以外にも愛し合う互いの気持ちを確認することはできます。男性とのセックスが満足いくものでなかったとしても、相手への思いやりを持ってコミュニケーションを図りましょう。男性が愛されていることを実感できれば、以降女性からのリクエストにも前向きに取り組んでくれることでしょう。

 

5.わざと拗ねたように「も〜う」

 

「冗談っぽく拗ねられたら逆に気が楽になる」(29歳・男性)ちょっぴりネガティブな場の雰囲気を和らげてくれる言葉がこちら。あえて男性本人ではなく股間に向かって声をかけるなど、茶目っ気を出しつつ指摘をすると良さそうです。

誰でも面と向かって弱点を攻められるのは辛いはず。相手の気持ちを汲み取りながら上手にフォローしてあげることが大切です。

Written by Gow! Magazine編集部(Women Issue)

SEX】の最新記事
  • 「付き合ってるんだから、セックスしないとダメ」←んなわけない
  • 大好きな彼に愛撫をもっとしてもらいたい!エッチの「促し」テクニック4選
  • 彼氏と、愛情あふれるセックスが出来る日は来ますか?
  • 本命には禁物!「元カレ」の存在を感じさせてしまうセックステク
  • セックス直前にチェック! ボディケアリスト6つ
  • セックスで羞恥心を捨てるにはどうすればいいの? テクニック&考え方4選
  • もし躰を重ねたら……二人はどんなふうに愛し合う?
  • この先、あの人とエッチできる可能性はある?
あなたへのおすすめ