3月14日はホワイトデーですね。
好きな人や彼氏からのお返しのプレゼントを期待している人も多いのでは?
 
プレゼントを通じて、好きな人との仲がもっと深まったらステキですね。
ただ、彼のセンスがイマイチの場合、プレゼントをもらってもリアクションに困ってしまう。そんな一抹の不安がある女性はいませんか。
 
今回は、ホワイトデーに残念なプレゼントをもらったときの対処法を考えてみました。
 

「ありがとう」のお礼は欠かさない

 
どんなにセンスのないプレゼントをもらったとしても、相手は良かれと思ってプレゼントをしてくれています。
 
「あなたにプレゼントしてあげたい」「プレゼントして、喜ばせたい――」
 
相手のその気持ちだけは、無下にしたくないものです。
 
たとえ、どんなプレゼントをもらったとしても、相手の気持ちに対するお礼だけは欠かさないようにしましょう。プレゼントの品物に対してではなく、プレゼントを贈ってくれた相手に対して、お礼を言うのです。
 
「ありがとう」「悪いじゃん~」「嬉しい!」どんな月並みの言葉でもいいと思います。
たったひと言、お礼が言えるだけでも、相手もあなたの気持ちに嬉しさを感じて、同じように幸せな気持ちになれるでしょう。

「悩ませちゃったね」と気持ちを代弁する

 
プレゼントは、相手のセンスが問われますが――。それ以外にも、あなたがどんなものが好きなのか。好みを把握していないと、相手が喜ぶプレゼントは贈れないと思います。
 
「なぜこのプレゼントを……?」と思ったときは、相手が何を贈ったらいいのかわからず、それになってしまった可能性もあります。自分のセンスに自信がない相手なら、なおさらでしょう。
 
そんなときは、「何を贈ろうか迷ったでしょ?(笑)」「ごめんね、悩ませちゃったね」「贈ってくれるだけで嬉しいよ」など。相手の気持ちを察するようにお礼を言ってあげては。
 
そうすれば、相手も気持ちが楽になるでしょうし、もらう側も相手の気持ちがわかって、受け取りやすくなるでしょう。
 

ふたりの関係の反省材料にする

 
冗談が言える仲なら、「なぜ、このプレゼントを……?」と言ってしまってもいいと思います。付き合っていれば、プレゼントを贈り合う機会って、バレンタイン以外にもあるでしょうからね。
毎度のこと、素直に喜べないプレゼントでは、もらう側はもちろん、あげる側も悩みが膨らんでしまいそう。
 
「今度は〇〇にして!」「私、〇〇が好きだから!」と、自分の要望を素直に伝えることも大事だと思います。
話の流れで「今度一緒に〇〇行こうよ!」「ホワイトデーは何がいい?」と、次のデートの約束や、彼がいま欲しがっているものがないか、聞いてもいいのでは。
 
残念なプレゼントをきっかけに、ふたりの仲をもっと深めるきっかけにできるといいかもしれませんね。
 

おわりに

 
残念なプレゼントをもらってしまううちは、ふたりの関係がしっかりと出来上がっていない可能性もあります。
お互いのことをもっと知る意味でも、プレゼントをきっかけにふたりがもっといい関係になれるといいですよね。
 
(柚木深つばさ/ライター)
 
■チョコをもらった彼が、ホワイトデーまでに考えていることって?
■男性がホワイトデーにみせる本命サイン7つ
■ダサいセンスが悲劇を招く!ありがた迷惑なプレゼントの対処法
 

好きな人】の最新記事
  • 騙されないで! 相手が彼女持ちだと見抜くには?
  • 会えないときこそ! 彼を夢中にさせる究極LINEアプローチ
  • 彼女の体調が悪いときの態度でわかる!男性の「誠実度」
  • 気を付けて! 男性がドン引きするLINE
  • 男性が好きな人に送る「脈ありLINE」を見分ける方法
  • 好きな人の前なのに……酒に飲まれて失敗したエピソード5選
  • 相手の年収がわかる!?「人相学」でわかる相手の経済力
  • 好きな人を逃さないための「好意の示し方」とは?