あなたはバーでカクテルを頼もうとしています。
どのカクテルを選びますか?
 
その答えで、あなたが恋愛においてもっとも重視すべきことがわかります!
 
いつも恋愛で辛い思いをしているというあなたは、何を大切にすべきなのか確かめてみて。
 

どのカクテルを選ぶ?

 

 

A.ブルーのカクテル
B.黒いカクテル
C.イエローのカクテル
D.赤いカクテル

選べましたか?
それでは結果を見てみましょう!

それでは、答えあわせです

 
A.ブルーのカクテル
 
 あなたが恋愛において最も重視するべきなのは、「自然体でいられるかどうか」という点。知り合ったばかりや付き合い始めの頃は、お互いに相手に実際以上に良く見てもらいたいという気持ちが働いたり、必要以上に気を遣ったりしてしまいがち。そういう時期はやむを得ないけれど、付き合いが長くなってもそのような感じだと、あなたは息苦しくなってしまうのでしょう。
  
そうならずに、良い付き合いをするためにも、自分を飾ることなくありのままでいられる相手を選ぶことが、あなたには最も重要。いつまでたっても目の前に立つと緊張してしまうとか、本当の自分を抑え込んでキャラクターを変えなくてはならない相手では、長く続かないかもしれません。
 
B.黒いカクテル
 
 あなたが最も重視するべきなのは、「長く続くか、将来性があるかどうか」という点です。一緒にいるだけでドキドキする刺激的な恋も、人目を忍ぶようなスリリングな恋も、あなたには向いていません。もしあなたがそういう恋をすると、落ち着かないし、早く終わらせてしまいかねないんです。
  
足が地に着いているというか、落ち着いた大人の恋愛をするほうが、あなたには向いていますよ。恋の対象を見つけたら、結婚して長い人生をともに歩んでいけそうか、まずはそこを考えましょう。ただ、絶対に結婚するという必要ははないし、最初から結婚を意識しすぎると相手にプレッシャーをかけてしまう恐れがあるので、あくまでも可能性として判断してくださいね。
 
C.イエローのカクテル
 
 あなたが恋愛において最も重視するべきなのは「興味」です。どういうことかというと、「この人は一体どういう人なんだろう、もっともっと知りたい」と思い続けられる相手との恋こそが、あなたには向いているということ。いくら外見や職業など表面的な部分が理想的でも、少し付き合っただけで「こんなものか」と思ってしまう相手では長く続かない傾向があります。
  
カップルは、長く付き合うほどお互いに相手の欠点や悪い癖なども見えてくるし、一緒にいることが当たり前のように感じられるもの。でも、そうでありながらも、まだまだ「この人にはまだ知らない面があるはず」と思える相手であることが、あなたが良い恋をするためには重要なんですよ。
 
D.赤いカクテル
 
 恋愛においてあなたが最も重視するべきなのは、「コミュニケーション」です。付き合う直前や、付き合い始めの頃は、お互いにできるだけ長く会って話していたいという気持ちがあるもの。それはもちろんとてもいいことだし、どんどん会話して一緒に過ごすべきです。
  
だけど、交際が長くなればなるほどメールや電話をするのがおっくうになってきて、頻度が下がってしまう場合が多いのです。お互いの間に「そんなにまめに連絡しなくても大丈夫」という信頼があればいいけれど、不安になるなら揺るぎない絆ができあがっているとはいえません。たとえ厚い信頼が築かれていても、やっぱり会話したり一緒に出かけたりする時間が多いほうが、安心して付き合っていけるのでしょう。
 

いかがでしたか?

 
「恋は盲目」というくらいなので、恋愛をすると自分の傾向がわからなくなってしまう人は多いですよね。
恋愛に行き詰ったときは、良い恋愛をするために重視すべきことを思い出してみてくださいね。
 
他の心理テストもぜひ試してみてください!
 
(yummy!編集部)
 
■心理テスト|異性から見たあなたの印象がわかる!フェロモン診断
■心理テスト|あなたが恋に落ちやすい異性は?男の背中診断
■心理テスト|あなたが持つ「男性を魅了するテクニック」とは?メイク診断
 

 

心理テスト】の最新記事
  • 恋愛心理テスト|色でわかる!恋をしているときのあなたはどんな顔?
  • 心理テスト|何から食べる?順番でわかる!あなたの「本当の性格」
  • 朝起きてマッチョになっていたら!? あなたのモテ要素がわかる心理テスト
  • あなたの3ヵ月間の運命は?もちもち心理テスト
  • 心理テスト|どのモフモフを選ぶ?あなたのセックス傾向がわかります
  • もしもあなたがラグビー選手なら?仕事能力がわかる心理テスト
  • 心理テスト|どのさわやかマッチョを選ぶ?あなたの前世診断
  • 恋愛の悩みからあなたを救う!ドーナツ心理テスト