精神的に未熟な恋人同士というのはどうしても「理想を押し付け合う」ものです。
 
例えば、これが相手の為だと思って私生活のだらしなさを矯正しようとしたり、必要以上に電話やLINEをして相手の行動を逐一把握したりするのも、「自分の恋人にはこうあってほしい」という理想からくるものです。
 
そしてその特有の正義感は「どうしても許せない」ものが出てきた時、人格否定やモラハラなどの「精神的な暴力」に繋がることもあります。
 
彼氏からそういった「価値観の押し付けによる精神的な暴力」を受けた時、あなたならどう対応しますか?
 

対策その1:ハッキリと指摘する

 
まずシンプルな対応策として考えられるのが、「それはあなたの願いでしょ?」ということをハッキリと指摘することです。
 
向こうは「全ては彼女のため」という思考に支配されているため、「彼女のためになっていない」ということ教えてあげることで、それに気づくことができます。
 
しかしたまたま機嫌が悪かったり、怒りっぽい性格だったりすると、その指摘に対して余計に正義感を強め、より一層価値観を押し付けてこようとする場合もあります。
 
そのためこの対策の場合、ハッキリと指摘して受け入れる相手なのかどうかを見極める必要があります。

対策その2:相手の主張へ歩み寄る

 
一方で、自分の意見ばかり主張してもそれはそれで「自分の価値観の押し付け」になり、お互い様になってしまいます。
 
ここで大事になるのは、相手の主張に歩み寄るということです。
 
これは相手の価値観を無条件に受け入れろという話ではありません。
 
なぜ相手が自分の価値観を押し付けようとしているのか?その理由や背景を探り、理解を示すのです。
「精神的暴力」に及んでしまう人の多くは、「言いなりになってほしい」のではなく、「理解してほしい」と思っています。
 
『あなたが言いたいことはわかった。どうしてそれを私に求めるのかもわかった。でもわたしがわたしであるために、受け入れられるところと譲れないところがある』
 
そうやって価値観のすり合わせをしていく必要があるのです。
 

対策3:別れる(そもそも付き合わない)

 
あなたがそういった歩み寄りの姿勢をみせたにも関わらず、相手からの歩み寄りもなく、まともな話し合いが持てないのであれば、「別れる」という選択肢を考える必要があります。
 
あなたが「そこまでわたしに自分の価値観を押し付けるなら別れることも辞さない」という意思を見せることで、相手の態度が変わる可能性はゼロではありません。(決して高くはありませんが)
 
その意思表示をしてもなお変わらないようであれば、最終的に別れを告げなければなりません。
 
パートナーシップを築いていく過程で、話し合いができないことは致命的なのです。
そして次恋人を探す時には、自分と異なる価値観を持った人を受け入れられる人、すれ違う価値観を擦り合わせられる人を恋人にするようにしましょう。

わたしはあなたの所有物ではない

 
価値観の押し付けによる精神的な暴力を受けた時には、「わたしはあなたの所有物ではない」という明確な意志を示しましょう。
 
それと同時に、相手を否定することも控えましょう。それではあなたの価値観を彼に押し付けていることになります。
 
「わたしとあなたは同じ人間ではないし、あなたがわたしを支配することもできないし、その逆も然り。それでも、一緒にいるための努力をしたい」
そう思える相手と付き合うべきですし、その意見に賛同してくれる人と一緒にいるべきでしょう。
 
(川口美樹 /ライター)
 
■嫌いじゃないけど…彼氏がウザいときの対処法は?
■男性が嫌う「重い」女性全員に共通する特徴と、型破りな解決方法
■彼氏に幻滅。「ないわ……」と思った発言4選
 

カップル】の最新記事
  • 恋愛占い|3ヵ月後の彼氏との関係は?カップルの未来
  • 姓名判断|彼氏の私に対する「本当の思い」は?
  • バツイチの彼、私と結婚する気はある?
  • 100年の恋も冷める?彼に言ってはいけない「地雷ワード」
  • 実はイクメンの素質アリ!? 彼が「良きパパ」になれる可能性
  • カップルの未来は?結婚に対する彼氏の今の気持ち
  • 結婚するなら知っておきたい…彼の「将来性」は?
  • 彼氏との関係を長続きさせるために…彼が嫌がる「地雷ワード」とは?