長く付き合っていても、ある日ふとした瞬間に「もう無理かもしれない」と感じるもの。
出会ったばかりの頃の楽しさが一転、別れるときはたくさんケンカをしながら結論づける状態。好きな人への気持ちが冷めると、彼と一緒にいても疲れるだけの日々に。
 
どうして一瞬にして、愛情が崩れてしまうのでしょう?
今回は、好きな人への気持ちが冷めてしまった瞬間をご紹介します。
 

仕事の成功話をした瞬間に彼のテンションががた落ち

 
毎日働いて、結果をだした。しかも彼に甘えることなく、一人でもんもんとしながらもがんばって結果をだした。ようやく仕事が落ち着いて彼に話せると思ったら、少し話をしただけで彼のテンションががた落ち。しかも気に入らなくて、別の話題に切り替えようとしている……。
 
こんなとき彼への愛情は一瞬にして冷めるものです。一度きりではなく何度も同じ態度をされると、さすがに付き合っている意味がなくなります。おそらく彼の意見としては、自分以上に彼女が仕事で結果をだすのが気に入らなかったのでしょう。
 
しかし、そんな彼の都合など彼女側からしてみれば関係ありません。彼女の成功話をそのまま受け止めきれないのは、自分自身が成長していない証でもあるのです。
 
これからもっと仕事をがんばりたいと願う女子にとって彼がお荷物になっているのであれば、自分のモチベーションを高めてくれる人を探しに行った方がよさそう!
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • “腕枕”って好き? 嫌い? 20代に聞いた本音と理由
  • ケンカの原因はコレ!同棲で知る、男性と女性の「好き」の違い
  • 【年の差カップル】愛情があっても難しい壁
  • 100年の恋も冷める?彼に言ってはいけない「地雷ワード」
  • 彼を興奮させるドキドキハグ
  • 【体験談】女性の方が高収入のカップルってどうなの?
  • 最近彼氏の様子が変……もしかして浮気?
  • 眠いとき彼氏にセックスに誘われたら……女子たちはどうしてる?