家族であっても考え方などの違いから喧嘩をしたり、疎遠になってしまったりすることがあります。ましてや彼氏となると、たとえ好き合っていても、「やはり他人だ」と感じてしまう場面があるかもしれません。うまく付き合うために、心の中で突き放した方が良いときというのは、どんなときでしょうか。
 

1:身内の相談をして、欲しい回答がないとき

 

「親兄弟のことを相談したときに思ったような回答やアドバイスがもらえなくて、がっかりしてしまった時はそう思うようにしています。私の親はいわゆる毒親なんですけど、彼氏に相談しても『親なんだから優しくしてあげるべきじゃない?』とか上っ面だけ良さそうなことを言うことがあるんです。
 
いくら言ってもわかってくれないんです。だけど親兄弟のことって実際他人にはわからないことが多いと思うので、それで嫌いにならないように、あえて心の中で突き放します。何を言われても腹を立てないように準備しています」(32歳・女性)
 
期待値を下げておくことでイライラしなくて済むという考えもあるようです。

2:価値観が違うと感じたとき

 

「いくら彼氏のことが好きで、いくら彼も自分のことを好きだと思っていてくれても、育った環境が違うことから多少の価値観の違いは生まれます。
 
一緒に過ごしている中で価値観の違いを感じてしまったときは『結局、彼は他人だから』とあえて心の中で突き放すことで、価値観が違うことにも納得しやすくなります。自分の価値観を押し付けてしまうリスクも減るので、たまには彼は他人だと認識することも大切です」(31歳・女性)
 
価値観の違いを受け止め、擦り合わせていくことは大切です。しかし、どうしてもお互いに譲歩できない場合に、あえて線引きをし理解はしようと思うことで、違うことに納得しやすくなります。
 

3:思うような行動をしてくれないとき

 

「相手に理想を押し付けてしまうと、お付き合いはうまくいかないと思うんです。例えば、体調が悪い時は何も言わなくても駆けつけて欲しい、女性と二人きりで会うシチュエーションはどんな理由であれ作らないで欲しい。色々と思うところってあると思うんです。
 
そんな時に、『体調悪い時って、誰かにそばにいて欲しいものだよね』『女性と二人きりって不安だな』など、それとなく伝えるのですが、『でもうつしたら悪いから』『グループ課題を片すだけなのに、邪険にするのも』など、思うように行動してくれないことがあります。そんな時は、略奪女子じゃないかなどこっそりリサーチくらいはしますが、他人だから思うようにならないことはあると、突き放しています。その方が、あれこれ干渉しすぎないと思うんです」(24歳・女性)
 
男女関係など、白黒はっきりさせなければいけないとき以外は、「結局、他人だもんな」と思ってしまう方が気が楽だと思う人もいるようです。

まとめ

 

自分のストレスを減らすために、あえて突き放す人は多いようです。好きな気持ちを持ちつつも、長く付き合っていくために、ときには彼との付き合い方を考えてみても良いかもしれませんね。
 
(神崎なつめ/ライター)
 
■失敗から学ばない彼氏、彼の成長を認めない彼女――すれ違いカップルの末路とは?
■「まさか……私の恋愛観って、ズレてる?」彼氏に求めてはいけない条件4選
■彼氏を癒やすどころか、逆に疲れさせている毒彼女とは?

カップル】の最新記事
  • 【価値観が真逆のカップルに聞いてみた】価値観が違っても付き合える?
  • 寒いとカップルのケンカも増える!? 冬ならではのケンカネタとは?
  • 男友達に恋愛相談……その結果、修羅場を迎えたエピソード(前篇)
  • 彼氏からの評価を爆上げするアメとムチの使い方【ムチ編】
  • 気持ちは冷めてるのに体の関係だけはやめられないのはなぜ?
  • 男はチョロい。夫(彼氏)への愛が冷めても、うまく転がす方法がこれだ!
  • 彼氏と結婚する流れかと思っていたけど、ふと「違うな」と思う瞬間とは?
  • 気づいたときにはもう手遅れ!? 彼氏を大事にしない女性の特徴とは?