こんにちは、沙木貴咲です。恋愛は付き合い始めてから3ヵ月くらいが一番楽しいといいますが、3~5ヵ月の間に彼氏に重大な欠点を見つけたり、失望してしまったりするケースは少なくありません。
 
交際前は「彼以外に恋人なんて考えられない」と思っていたのに、「どうしてこんな人と付き合うことにしたんだろう?」と、首をかしげてしまう時、どんな気持ちの変化が現れているんでしょうか?
 

ほとんどの恋は「減点方式」

 

恋愛は大体、100点満点から始まります。彼は何もかもが最高で、自分にとって理想的な憧れの存在だと思い込み、恋人関係を求めるのですが……完璧な人間なんて、いません。どんなにすぐれた人だって、欠点の一つや二つは持っているのが当たり前。 
つまり、交際前は気づかなかった(見えなかった)部分を、恋人同士として付き合うなかで知っていくだけなんです。
 
でも、「彼は完璧」と思い込んでいるため、「ああ、そういう一面もあったのね」と穏やかには受け止められないよう。「こんなはずじゃなかったのに!」とショックを覚えて、100点という彼の最高評価を、みずから減点していくのです。
 
私が知っている彼は、こんなじゃない!
 
そんな風に、憤りすらおぼえるのかもしれません。でも、最初からずっと彼は変わらないまま。自分が彼の何を見るかが変わっただけなのです。

「私と彼は一緒」という思い込みから交際は始まる

 

恋が始まるきっかけの多くは、「共通点」です。
 
職場や職種が一緒、趣味が同じ、同郷の出身など、共通点が多いほど恋の予感は高まりやすいんです。あまりに共通点が多い場合、「彼は運命の人なのかも!」と特別視することも珍しくありません。
 
そのため、お付き合いがスタートする時、誰もが「私と彼は同じ価値観を持っている」「二人は一緒」と思い込みます。
 
細部まで見ていくと、決してそんなはずはないのに、恋愛特有の浮かれ気分もあり、そう信じてしまうのです。
 
実際には、共通する部分も多いけれど、絶対的に異なる部分もある……というのがほとんど。それを受け入れられない時、「大好き」は一瞬にして失望に変わるでしょう。

「加点方式」で恋をする。そうすれば失望はしない

 

彼氏のことが大好きすぎる女性ほど、減点方式の恋愛をしがちになります。でもそうすれば、付き合い始めて3ヵ月目には、正念場を迎えることになりそう。
 
恋の基本スタンスは、「彼にはまだまだ、私の知らない部分がある」が良いかもしれません。彼のキャラやレベルをあえて決めつけず、ふわふわとした不確定なものにしておくのです。
 
自分は好きな人のすべてを知っているわけではないし、人間は誰だって欠点を持っているもの。そう寛容に構えておくと、意外な彼の一面を見た時にショックを受けずに済みます。
 
そして、彼が欠点を持つのと同じように、自分にもいたらない部分が少なからずあるはず。「お互いさま」と考えたなら、大好きな彼氏にガッカリすることはグンと減り、恋は長続きするんじゃないでしょうか?
 
(沙木 貴咲/ライター)
 
■ちょっとガッカリ…女性をファミレスに連れて行く男性の印象4選!
■カップルでケンカしてしまった時の、イライラの治め方
■ガッカリも含めて恋愛!好きな人に失望した時、恋の本質が見えてくる

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

カップル】の最新記事
  • 彼氏を喜ばせたい!男性が彼女をさらに好きになる言動7選
  • 今まで以上にラブラブに!マンネリした彼氏とのトキメキを取り戻す方法
  • 結婚してもずっと愛が冷めない夫婦になるには? 【カップルの習慣編】
  • 長続きの秘訣!彼氏を甘やかす方法とは?
  • SNSで反感を買わない!ラブラブ(カップル)投稿のコツとは?
  • 彼氏を喜ばせたい!サプライズを成功させる秘訣
  • 私だけを見てほしいのに……。元カノの荷物をどう捨てさせたらいい?
  • 恋愛で一人の時間を持ったほうがいい理由4つ