みなさん、料理は好きですか?
僕は作るのも、後片付けも好きです。
 
ただ……自炊って今の時代、出来合いを買ったり、外食するよりも下手するとお金がかかる場合もありますよね。
だからこれを敬遠しているという方も結構少なくありません。
 
かく言う僕も、自炊は好きとか書いておきながら、毎日3食分やるのはしんどいと感じてしまいます。
だからせいぜい、1日おきにせいぜい1食分作る程度のものですね。
 
さて、自炊といえば男性はしばしば、彼女の作った手料理を味わいたいと思うもの。
世間的には「彼氏に食べさせる手料理の代表格は肉じゃが」という論調が、いつの間にか根付きました。
 
確かにこれは嬉しいですね。でも、他に意表を突く料理ってないものでしょうか?
 
そこで今回は、男性の立場から、とにかく彼女の家にお邪魔したときに作ってもらうと嬉しいと感じる手料理。
これをカレーライスやハンバーグなど、メジャーなものは敢えて省き、意外と男性ウケがいいものをリストアップしていきたいと思います。
 

漬物系はアラサーなら確実に喜ぶ!

 
こういう話になると、ついメインのおかずになるものをまず考えてしまいがちですが、付け合わせっていう概念も無視できないところですよね。
特にだんだんと舌が肥えてきてベタなものばかり食べると味に飽きてしまいがちなアラサー以降の男性には、この付け合わせの存在が大事になります。
 
そこでおススメなのが、漬物です。
きゅうりや白菜の浅漬けなんか簡単に作れますし、量も稼げるのでストックも可能。
 
小鉢に入れればとりあえず食卓でもなんとか見栄えが良くなりますし、何より浅漬け好きな男性って多いですからね。
特にお酒を飲む人には喜ばれると思いますよ。

手軽でインパクトのある手料理、マグロのカマ塩焼き!

 
男性はダイナミックな見た目の料理が好きです。単純なので。
だからダイナミックなものを、たまに提供するのもいいですね。
 
たとえばスーパーでしばしば販売されている、マグロのカマなんてどうでしょうか。
めちゃくちゃ大きい割に価格は抑えめですし、ほとんど捨て値みたいなものですが、これがなかなかバカになりません。
 
脂の乗った肉はいっぱいついているし、価格以上のコスパを得ることは確実。
調理の際には豪快に塩焼きでいいでしょう。
フライパンに乗せて塩を振り、アルミホイルなどを被せて蒸し焼きにするだけ。
 
普通は食卓に出さないようなものを出す彼女。こういうのがポイント高いんですよね、男性からすると。
 

茶碗蒸しを作れる彼女は自慢したくなる!

 
それからこれも男性として常々思うことなんですが、冒頭で軽く触れた肉じゃがなんかもそうですけど、昔ながらの日本の家庭料理を作れる彼女って、貴重です。
ついついそういう彼女については、みんなに自慢したくなるんですよね。
 
たとえば茶碗蒸し。
これが作れる彼女を自慢しない理由はないでしょう。
「ウチの彼女、茶碗蒸し作れるんだよね」みたいな感じで、つい自慢しちゃうことでしょう。僕だってします。
 
これについてはちょっとだけ作り方が面倒なんですけど、ネットのレクチャーなんかを見ながらやれば、きっとどうにかなるはずです。
一度作ってあげてみてはいかがでしょうか?

おわりに

 
まあそんなこんなで、男性が喜ぶ手料理としてマイナーなものをいくつか挙げてみました。
やっぱりいろいろなものを作ってあげたほうが男性は喜びますし、メジャーとマイナーのふり幅が大きいほうがウケも良くなります。
 
手料理で男性の胃袋を掴んでしまえば、もうそうそう破局の危機もないでしょう。
料理って、大事なんですよね。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■男性の胃袋をつかむ! 5品だけで料理上手なオンナを演出する方法
■料理上手は嫌われる? 男の胃袋をつかめなかった女たち
■彼が離れられなくなる女になるために握っておきたい袋とは
 

カップル】の最新記事
  • 愛されているか不安……キスで分かる彼の本気度3選
  • もうメロメロ状態!「彼女にゾッコン」の彼氏が見せる行動
  • 20男性に聞いた! 彼女とのデートの理想的な頻度・デート内容
  • あなたは大丈夫? ダメ彼女診断
  • 男性が「生まれ変わっても一緒になりたい」と感じる彼女って?
  • 彼氏の家は地雷だらけ! 元カノの存在を隠さない「7人の無神経な彼氏達」
  • 照れくさいけど気づいて…! 男性の精一杯の愛情表現
  • 終わりの始まりかも……男性が彼女と「別れたいとき」に見せるサイン