「大好きなのに、いつもちょっとしたことで喧嘩をしてしまう」
そんなカップルもいるのではないでしょうか。
 
お互いが大好きなはずなのに、喧嘩ばかりしてしまうカップルは、2人でいる時間が多すぎて疲れているのかもしれません。
 
ときには1人きりでリラックスする時間も必要です。
 
今回はお互い好きだからこそ、1人で過ごす休息時間の必要性について解説します。
 

ずっと一緒は次第に疲れてくる

 

仲の良いカップルというと、「何をするのも一緒」といったイメージがあるかもしれません。
 
それが苦にならないカップルもいるのでしょう。
しかし、「いつも一緒にいるけど、時々疲れてしまう」そんなカップルも存在するものです。
 
仕事や学校が終わればどちらかの自宅で過ごす、休日はいつも2人でデートをする、どうしても会えないときは、LINEや電話で何時間もやり取りをする。
 
恋人同士は親しい関係とはいっても、それでもやっぱり他人です。
相手への気遣いは必要ですし、ガマンしなければならないこともあります。
 
それは次第にストレスや、疲れにつながって行くものです。
 
やがて、「大好きな恋人と一緒にいても楽しくない」そんな状況になっていきます。
 
それをガマンし続けると、だんだんと恋人との関係にギスギスした空気が生まれて、関係が悪化してしまうケースもあるもの。
 
いくら好きでも、ずっと一緒にいるのは、結果的に良くない方向へ進むことになりかねません。
 
「なんだか一緒にいるのに疲れた」そんな気持ちになったときや、そうなりそうだと感じたときに1人きりの休息時間を過ごして、気持ちをリフレッシュするのが大切なのです。

休息時間で気持ちをリフレッシュしよう

 

休息時間については、あらかじめカップル間で「お互い定期的に1人の時間を過ごそう」と提案してルール化しておいたほうがいいでしょう。
 
突然、「1人の時間を過ごしたい」と伝えると、「嫌われたのかも」と恋人を不安にさせる可能性があります。
 
「休息時間に何をすればいいの」とやることが分からない人もいるかもしれません。
 
これは完全に個人の自由です。
自分の好きなことをして過ごしましょう。
 
好きな音楽でも聞きながら、文字通り家でゆっくり休息してもいいですし、趣味を楽しんでもいいでしょう。
 
仲の良い友達など恋人以外の相手と、楽しい時間を過ごすのも気分転換になるはず。
 
もし、恋人と同棲をしているなら、どちらかが実家に帰ったり、ビジネスホテルに泊まったりして、1人で過ごせる時間を作るといいでしょう。

休息時間のメリット

 

どんなにお互いに大好きでも、ずっと一緒にいると関係が煮詰まって、ネガティブな空気が流れるケースがあります。
 
そこで、いったん休息時間を取って、気持ちをリフレッシュする必要があるのです。
 
休息時間を過ごすと、恋人と一緒にいることで、蓄積したストレスや疲労がなくなるでしょう。
 
またポジティブな気持ちで恋人と向き合えるようになれます。
 
お互いが大好きなまま長く円満な関係を築いているカップルは、上手に休息時間を過ごしているもの。
 
適度にガス抜きをすることでポジティブな関係を続けられるのです。
 

まとめ

 

どんなに恋人を愛していても、1人になりたいと思うことがあります。
 
それは決して、おかしな感情ではないです。
むしろ四六時中ずっと一緒にいてストレスを感じずにいるほうが難しいでしょう。
 
人と人が一緒にいると、少なからずストレスになるもの。
 
適度に1人で休息時間を過ごして、ガス抜きをするのが、ずっと仲良くいられるコツです。
 
(大船くじら/ライター)
 
■結局のろけじゃん!カップルのケンカに挟まれる最悪エピソード
■失敗から学ばない彼氏、彼の成長を認めない彼女――すれ違いカップルの末路とは?
■結婚してもずっと愛が冷めない夫婦になるには? 【カップルの習慣編】

カップル】の最新記事
  • 次の恋はハードル低い? ダメ男と付き合ったメリットとは?
  • お互いが大好きなカップルの1人で過ごす“休息時間”とは
  • 「彼氏の女性関係に嫉妬してしまう」のはなぜ?
  • 経済的な理由もチラホラ…既婚者、同棲経験者に聞く!同棲に踏み切ったきっかけって何?
  • 彼の心をがっちりつかむ誕生日のサプライズ
  • カップルで会う頻度、どれぐらいがベスト?
  • イケメンと付き合って起きたデメリット 3選
  • 彼氏の身長、高いほうがいい? 女性の本音!