もうすぐ梅雨のシーズンがやってきます。またこれから夏が来ると、ゲリラ豪雨や台風などに見舞われることもしばしば。
雨をきっかけにデートが台無しになってしまったり、「思っていた人と違う……」と彼への見方が変わることも。

そこで今回は「雨の日の最悪エピソード」についてご紹介します。

雨宿りしようと言われたけれど……


・「道を歩いていたら急に雨が降ってきた。彼が『雨宿りをしよう』というので、てっきりカフェにでも入るのかと思ったら、屋根付きの喫煙所に連れていかれました。彼は普通にタバコを吸っていたけれど、何だか腑に落ちませんでした」(28歳/広告)

どんなに綿密なデートプランを立てたとしても、それが完璧に遂行できるとは限りません。むしろトラブルが起こったときに、彼がどんな対応をとるのかが気になってしまいます。せっかく素敵なデートスポットへ行ったのに、家に帰ってから彼のとっさの対応ばかりを思い出してガッカリしてしまう……なんてこともあるでしょう。

彼の対応に「何か違うな」と感じた場合は、言いなりになるのではなく、自己主張をすることも大切です。

風邪を引いてしまった


・「雨だけれど予定していたからということで、遊園地へ行くことへ。でも次の日にはお互いに風邪を引く羽目になってしまい、最悪の結末となってしまいました」(28歳/接客)

「私は丈夫だから平気」と思っていても、知らず知らずのうちにたまっている日ごろの疲れや雨の影響により、一気に体調を崩してしまうことが。これではどんなに楽しいデートだったとしても、「次の日高熱を出したんだよなぁ……」と風邪を引いたことばかりを思い出してしまうかも。雨の日こそ、いつも以上に持ち物に気を配りつつ、体調管理も徹底しましょう。

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 彼氏を喜ばせたい!サプライズを成功させる秘訣
  • 実はドン引きしています…彼氏が気になっている女性の「アレ」とは?
  • つい赤ちゃん言葉を使って甘えちゃうのはなぜ?恋人といると幼児退行する人の理由とは
  • 彼氏が彼女に対していつもよりかわいいと思う瞬間
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するにはどうすればいい?・3パターン
  • セックスがイマイチな彼への教育法
  • もしかして別れ……? 恋の温度差に悩んだら試したいこと〜彼の愛が重いとき
  • 違う時間軸を持っている同棲相手にイライラしなくなる方法