網野新花です。
 
恋愛においては、もちろん距離が離れすぎるのもよくありませんが、二人でラブラブな時間を過ごすだけではなく、一人の時間を持つことも大切です。そこで今回は、恋愛においてあえて一人の時間を持ったほうがいい理由を解説していきます。
 

お互いの思いが重くなりすぎない

 
ずっと二人でいると、お互いのことを意識する時間が長すぎて、思いが重くなってしまいます。もちろん冷めているよりはアツアツなほうがいいですが、あまりにも思いが重いと次のような行動を取ってしまうことも。
 
・夜中2時に相手の家に行く
・仕事中も相手のことをを考え、ラブラブ自慢をし、同僚に引かれる
・仕事で相手が異性と話しているだけで嫉妬し、怒る
・全く関係ない飲み会などに顔を出し、ある種ガードのような働きをする
 
このように、思いが重すぎると気持ち悪さが伴ってきます。こうなってくると、お互いの歯車がかみ合っているうちはいいものの、そうじゃなくなった途端に不仲になって、後腐れのある別れ方をして、ストーカーなどのトラブルに発展することも…。
 

「追う恋愛」から「追われる恋愛」にできる

 
男性には狩猟本能があるので、自分が追われる恋愛より、自分が追いかける恋愛のほうが熱くなれます。
 
また女性にとっても、追われる恋愛をすることで、追いかける恋愛で抱きがちな「思いが実らなかったらつらい」「愛されていないかもしれない」といった不安も払拭できるので、双方にとってメリットがあります。
 
そして一人の時間を持つことで、カップル間での境界線をキチンと定めることができ、役割分担ができるようになるので、そういった意味で一人の時間は有効なのです。
 

自分のタスクをこなせる

 
日々、恋愛だけではなく仕事や家事、勉強などといったタスクも私たちはこなしています。充実した恋愛には、そういった日々のタスクをこなすことが重要で、そういったタスクを忘れて恋愛に打ち込んでしまうと、失恋したときのショックが大きくなったり、社会になじめなくなったりします。
 
二人の時間だけじゃ自分のタスクをこなせませんが、一人の時間も作ると、自分のタスクをこなす時間を作れるので、オススメです。
 

結果的に長続きカップルに!

 
一人の時間がないカップルは、「飲み会に行くな」「メールは早く返せる」など、お互いを束縛し合うので、疲れてしまい長続きしません。
 
一方で一人の時間があるカップルは、ほどよい距離感を保て、束縛し合わないので結果的に長続きカップルになります。
 

一人の時間を作って平和なカップルになろう

 
恋愛というと、二人がベタベタしている時間が長いほうがいいと思いがちですが、一人の時間もなければ束縛し合う関係になってしまうので、あまりよくありません。一人の時間も作って、平和な関係が長く続くカップルになりましょう。
 
(網野新花/ライター)
 
■前もって知っておきたい! 束縛する男性の特徴
■彼が思う「理想のカップル」とは?
■『恋は邪魔者』「全ての女は恋愛と結婚を求めている」は本当か?
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 実はドン引きしています…彼氏が気になっている女性の「アレ」とは?
  • 不安だらけの恋愛にNO! 恋愛の主導権を握る方法4選
  • 【仮説】彼氏を「推し」だと思えば全てうまく行くのではないか?
  • 長続きの秘訣!彼氏を甘やかす方法とは?
  • 結婚してもずっと愛が冷めない夫婦になるには? 【カップルの習慣編】
  • 彼氏を笑顔にしたい。彼氏を笑わせる方法
  • 今まで以上にラブラブに!マンネリした彼氏とのトキメキを取り戻す方法
  • 彼の浮気が発覚!? ぬいぐるみにまつわるホラーのような恋愛エピソード3選