網野新花です。
 
「クリスマス」というと日本では「イブの夜にエッチをするイベント」というイメージが強いですが、欧米ではそうでもありません。ではなぜクリスマスはイブにエッチをするイベントというイメージがついていったのでしょうか。
 

日本では性夜。だけれど海外では…

 
欧米では家族や親戚とパーティーをすることが多く、日本のように恋人と過ごす文化はあまりありません。クリスマスはもともとイエス・キリストの降誕(生誕 ただしイエス・キリストの誕生日は不明とされている)を祝う祭りなので、キリスト教信者は礼拝をしたあとに家族や親戚と過ごします。
 
日本では「性夜」とも言われますが、海外ではそのような過ごし方はあまりしません。
 

どうしてこうなったの?

 
業界が文化を提唱したから 戦前からクリスマスは日本に根付いていましたが、この時は街中でクリスマスの飾りが飾られたり、家族や友人とパーティーをして過ごしたりといったもので、恋人と過ごす習慣はありませんでした。
 
しかし1980年代後半に雑誌『anan』でクリスマスを彼氏とホテルで過ごすための特集が組まれ、1980年代後半にバブル経済が訪れると、男性誌でもこのような特集が組まれるように。
 
ホテルやレストラン、化粧品、衣服など、あらゆる業界からみても、家族や親戚と過ごすより、恋人と過ごしてもらったほうがお金が落ちることもあり、さまざまな業界がそのような宣伝をし、現在に至ります。
 
正月に家族や親戚と過ごすから 日本では正月に家族や親戚とおせちやお餅などを食べて過ごす習慣がありますが、アメリカでは年が明けたからといって特に何かする文化がありません。
 
ヨーロッパではそれぞれの国に年明けの風習があるので、それをしますが、クリスマス=日本でのお正月になっているので、そこまで盛り上がりませんし、もちろん恋人と過ごす習慣もありません。
 
アメリカやヨーロッパでは、クリスマスに友人や親戚と過ごすことで一年の計を取れますが、日本だとクリスマスに友人や親戚と過ごすと、正月と被ってしまうので、恋人と一夜を過ごしている部分もあります。
 

ただし実際にクリスマスは恋人と過ごす人は○○%

 
株式会社パートナーエージェントが2017年に20〜39才の独身男女2,200人を対象に取ったアンケートでは、「恋人もしくは気になる人と過ごす」が24%でした。
 
これを多いと捉えるか、少ないと捉えるかは人によりますが、「わからない」を除くと約60%が恋人や気になる人以外と過ごしたり、1人で過ごしたり、イベントなどに参加したりして過ごすので、全員が全員恋人と過ごすわけではありません。
 
なので「クリスマスまでに恋人を作らないと!」と焦っている人は、わざわざ焦って恋人を作る必要はないでしょう。
 

クリスマスは自分らしく過ごそう!

 
「クリスマス」というと、恋人と過ごさないといけないというプレッシャーを感じる人もいるかと思いますが、もともとクリスマスはそのような目的のイベントではありませんし、恋人と過ごす人は24%しかいないので、全員が全員恋人と過ごすわけではありません。
 
欧米圏では「ホリデーシーズン」とも呼ばれるクリスマスシーズン。せっかくのホリデーシーズンなので、クリスマスくらい人の目を気にせず、自分らしい過ごし方を選んでみましょう。
 
(網野新花/ライター)
 
■クリスマスデートを楽しく過ごす方法
■エロくてヤバい!今夜、彼を興奮させる下着はコレ!
■【タロット占い】彼とのセックスの相性は?
 

カップル】の最新記事
  • 「今日生理なんだ……」と言われた時の男性の本音
  • 恋愛が続かない人必見! 長続きする恋愛の特徴6つ
  • デートの度にお泊りは危険!? お泊りデートが多すぎるカップルの注意点
  • こんな彼女は嫌だ! 彼氏からダメ女認定される女性の特徴とは?
  • 「もう君しか見えないよ!」 彼氏の気持ちをつかんで離さない女性の特徴は?
  • かけがえのない存在!男性が「大切にしよう」と感じる彼女の特徴
  • こんな彼氏は神!女性が生理中にされると惚れてしまうこと
  • みんなどれくらいエロの話をする?カップルのエッチな会話事情