世の中には、同棲が向いている人。結婚生活が向いている人と、そうでない人がいます。
 
前者の場合はお互いに相手を尊重できるような人間関係を構築できる人をパートナーにすることが上手で、後者の場合はそういうのが全然できないタイプ。
 
たとえば筆者の場合、過去に同棲経験はありますが、相手の呼吸音が耳障りに感じてしまうというむちゃくちゃな理由で関係を解消したことがあります。
 
こういう、全く同棲に向かない人間でも、決断さえすれば同棲ができちゃうってのは恐ろしいところですよね。
 
ただ、どんな場合であれ同棲するには、そうしたいと思える理由が存在するものです。
 
そこで今回は、同棲経験者。あるいは同棲を経て結婚した人たちに、そもそもなぜ同棲を決断したのか、その理由をリスニングしてきました。
その結果を、以下からご覧ください。
 
案外、愛情がその根底にあるってばかりの話でもなかったのが印象的です。
 

お互いに結婚に焦って同棲スタートした男女

 

これは複数の同棲経験者から聞き及んだ理由なんですが、結婚適齢期に差し掛かり、うすらぼんやりと「そろそろ結婚しないと」と焦って、当時付き合っていた相手と同棲をスタートした、という声があります。
 
その結果、あるカップルは破局し、あるカップルはそのまま結婚にまで至ったのですが、なんとなく結婚適齢期=今結婚しとかないとチャンスがない、と思い込んで焦る気持ちは分からないでもありません。
 
そうやって焦って、行動を起こすことって実際大事ですし。
 
結果は人それぞれですけれども、これが奏功して上手くいった場合もあるわけですから、少しでも結婚したいと思ったら、アラサーぐらいになったら同棲を相手に打診してみるのもいいかもしれませんね。
 
相手も乗り気だったら、これに応じてくれるでしょうし、同棲って結婚生活のシミュレーションみたいな要素が詰まっていますし。

コロナ禍で彼氏が失職、転がり込んで同棲スタート

 

ここ数年はコロナ禍でしんどい生活状況が続いているという方も多いことでしょう。
知人女性は去年の末から、彼氏を自宅に迎えて同棲をスタートさせています。
 
理由は彼氏の失職。コロナのせいで仕事がなくなり、貯金もなかったので恋人のよしみだからと同棲を提案し、引き取ったような形となります。
 
今のところ、彼氏も復職に成功しているし、家事も率先してやっているため不安も不満もないとのことです。
 
怪我の功名というか、このまま案外いい感じで2人仲良くやっていけるのかもしれませんね。
 
ただ、中には同じようなケースでも、相手がただのヒモになるというパターンもあるでしょうから、誰にでも当てはまる万能な同棲のきっかけとは言い難いかも。
 

お互いの収入が乏しく、経済力を一本化するための同棲…

 

Sくんという友人がいます。
彼は年収300万円台と、あまり稼げていない社会人でして、その彼女も年収200万円を割るほどの稼ぎ。
 
各々、2018年までは別々に独り暮らししていましたが、個々の生活を維持する費用を差し引いてしまうと、ろくにデートもままらないほど困窮する有様でした。
 
そこでSくんとその彼女は、いっそ住んでいた部屋を引き払って、同棲することに。
お互いの経済力を、同棲することで一本化するという決断をしたわけですね。
 
この結果、二馬力でそこまで贅沢はできないものの、以前と比べると相当生活には余裕が出てきたのだとか。
 
同棲にはこういうメリットもありますし、なにせもう日本は恐らく再浮上できないほどの不況が続くわけなので、ライフスタイルとしてはこれって結構アリかもしれませんね。

男の幽霊が出るので同棲スタート

 

最後はちょっと変わり種なきっかけを。
 
筆者が以前付き合っていた女性の住んでいるアパートには幽霊が出たのだそうです。
 
あるとき「もう1人では住めないからしばらく一緒に暮らしてほしい」と懇願され、嫌々ながらそれに応じるといったことがありました。
 
ただ、筆者は霊感がないし、当時は幽霊に関しても実在しないと思っていたので、実際にそのような怪奇現象を目の当たりにすることは一切なく。
 
たまにトイレが勝手に流れたり、玄関の照明が点いたり消えたりする程度のトラブルを見るぐらいでした。
 
しばらく同棲したのですが、結局些細なことで口論になり、怒って荷物だけまとめて出て行ったんですけど、後日、筆者が出て行ったその晩にがっつり男の霊が出て「やっと邪魔者がいなくなった」とささやいた、という話を聞かされました。
 
個人的には「幽霊が出ないように除霊すればいいじゃん、気休めでも」と思っていたのですが「お金がない」の一点張りだった当時の彼女に思うところも多かったので、あそこで出て行って正解だったと思っています。
 

おわりに

 

ざっとこんな具合ですが、まあ同棲をスタートするきっかけには色々とあることがお分かりいただけたかと思います。
 
やっぱり一番多いのは、恋人と結婚を意識するようになり、結婚を意識して……という流れではあるはずですが、経済的な理由での同棲も少なからずあるみたいですね。
 
それこそ、今もコロナ禍と不景気のダブルパンチは続いていますから、これをきっかけに同棲をするようになった男女はそこら中にいるのかもしれません。
 
そういうきっかけであっても、お互いが相手を尊重し、一緒に暮らしていて楽しいのであれば、結果オーライですけどね!
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■同棲のタイミングはいつがベスト?結婚前の2人暮らしの準備
■こんな落とし穴も!? 彼氏と同棲中に起こりやすいトラブルとは?
■一緒に暮らすと幻滅? 同棲中に彼から嫌われないためのポイント4つ

カップル】の最新記事
  • 次の恋はハードル低い? ダメ男と付き合ったメリットとは?
  • お互いが大好きなカップルの1人で過ごす“休息時間”とは
  • 「彼氏の女性関係に嫉妬してしまう」のはなぜ?
  • 経済的な理由もチラホラ…既婚者、同棲経験者に聞く!同棲に踏み切ったきっかけって何?
  • 彼の心をがっちりつかむ誕生日のサプライズ
  • カップルで会う頻度、どれぐらいがベスト?
  • イケメンと付き合って起きたデメリット 3選
  • 彼氏の身長、高いほうがいい? 女性の本音!