せっかく付き合えても、ケンカが絶えないような状態になってしまったら、ちっとも幸せは感じられないでしょう。
 
でも、そうなってしまうのには何か原因があるはずなので、まずはそれを明らかにすることが重要です。
 
そこで今回は、彼と「ケンカばっかり」になっちゃう理由を紹介します。
 

徹底的に「追い詰める」

 

「ケンカしたときにあまりにもめちゃくちゃに言われると、本当に腹が立ちます。その怒りはなかなかおさまらないので、またすぐに言い合いになりますね」(20代・男性・アパレル)
 
ケンカをしているときにはカッとなっているので、ついつい激しい口論に発展しがち。
 
でも、相手を言い負かして徹底的に追い詰めるようなことをすると、敵対心を持たれるようになってしまうでしょう。
 
カップルのケンカが勝敗を決めるためのものではないので、過度に攻め立てるようなことはお互いにするべきではないですよ。

「根本」を改善していない

 

「時間にだらしないのが嫌でいつもケンカになるのに、いつまで経ってもそれを直してくれないから、結局ケンカをくり返しちゃいますね…」(20代・女性・出版)
 
ケンカになるのは、不満に感じる点や納得がいかないことなど、何かしらの原因があるから。
 
その根本部分を改善しないままでは、ずぐにまた同じようなケンカをすることになるでしょう。
 
より良い関係性を築くためにも、怒りをぶつけ合うだけではなく、お互いの不満を解消できるように話し合う、前向きなケンカにしていくことが理想的ですよ。
 

「疑い」から入る

 

「仕事で忙しくて時間が取れなかったのに、それを変に怪しまれたりしたら、そりゃケンカにもなりますよね。なんかそういうことが多い気がします」(20代・男性・WEB制作)
 
やましいことなど何もしていないのに、頭ごなしに疑われたら、腹が立つのは当然のこと。
 
嘘や浮気を疑われるのはカップルにはありがちな出来事ですが、度が過ぎるとケンカの原因になるだけです。
 
明らかに怪しいときは別ですが、まずは信じる気持ちを持つようにしないと、あなたも彼に信用してもらえなくなってしまいますよ。

理想を「押しつける」

 

「こういう彼氏になってほしいみたいなのを押しつけられると、うんざりしてしまう。しかも、恋愛ドラマとかの影響だったりすると、もうやってられなくなりますね」(30代・男性・広告代理店)
 
自分の理想を強引に押しつけると、相手からは反発される可能性が大。
相手をコントロールして、自分好みに変えようとするのは、自分のエゴでしかありません。
 
理想の形を共有しながらも、お互いが自分らしくいられるような関係じゃないと、居心地の悪さからケンカも絶えなくなってしまいやすいですよ。
 

さいごに

 

ケンカが必ずしも悪いわけではないですが、あまりにも頻繁に起こるようになると、関係性が悪化していくだけです。
 
そうなる前に、なぜケンカになってしまうのかを、ふたりでちゃんと考えるようにするべきでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■不毛な喧嘩をしないための恋人との接し方
■喧嘩した男性と仲直りする秘訣――「謝罪をするとき」に気をつけたいこととは?
■彼氏の言動や行動にイラっ! 喧嘩が多いカップルは相性が悪い?

カップル】の最新記事
  • 次の恋はハードル低い? ダメ男と付き合ったメリットとは?
  • お互いが大好きなカップルの1人で過ごす“休息時間”とは
  • 「彼氏の女性関係に嫉妬してしまう」のはなぜ?
  • 経済的な理由もチラホラ…既婚者、同棲経験者に聞く!同棲に踏み切ったきっかけって何?
  • 彼の心をがっちりつかむ誕生日のサプライズ
  • カップルで会う頻度、どれぐらいがベスト?
  • イケメンと付き合って起きたデメリット 3選
  • 彼氏の身長、高いほうがいい? 女性の本音!