待ちに待ったクリスマス。
毎年良い思い出が積み重なっていけば本望ですが、現実にはそうはいかないもの。
いままで生きてきた中で、最悪な思い出もひとつやふたつあるでしょう。
 
しかもクリスマスという特別な日だからこそ、そのイヤな記憶も鮮明に残ってしまうものです。
そこで今回はクリスマスに関する最悪な思い出について、男性陣に教えてもらいました。
 

適当な相づちだったのに……

 
「彼女には事前に『クリスマス行きたいところある?』『店予約しようよ』と提案していたんだけれど、『別にどこでも良い~』と適当な相づちだった。あまり乗り気じゃないのかと思い、どこも予約せずにクリスマス当日を迎えたんだけれど、彼女は『なんで何も準備してないの!?』と逆ギレ。意味がわからなすぎて最悪なクリスマスだった」(33歳/公務員)
 
おそらく彼女はサプライズでお店の予約をしてほしかったんでしょうね。彼女の言い分もわからなくもないですが、一緒にクリスマスの計画を立てようとしていた彼からするとポカーン状態かも……。
 
こういう場合は「○○君が決めたところならどこでもうれしいよ」とかわいく伝えるか、一緒にプランを練るしかないでしょう。
 

クリスマスプレゼントを売られていた

 
「クリスマスにプレゼントであげたネックレスを、彼女が一向につけてくれなかった。『きっと趣味じゃなかったんだな……』と思いつつも、本人には聞けないでいました。そんな矢先、彼女がトイレに立った時に、置いて行ったスマホに通知が届いたんです。何となくスマホ画面を見たら、どうやらフリマサイトから俺があげたネックレスが売れたという通知だったみたいで……。まさか売るとは思っていなかったのでビックリしたし、悲しくなりました」(31歳/物流)
 
クリスマスプレゼントをフリマアプリで売ってしまう人、結構いるみたいですね。でも自分ではバレていないつもりでも、このようにたまたま通知を見てしまったり、検索をかけて調べたりして、意外とバレてしまうことも多いようです。もし自分が逆の立場だったら、やっぱり良い気持ちはしないですよね。
 
たとえ趣味じゃなかったとしても、好きな人からもらったものであれば、家で保管しておきましょう。
 

彼女がほかの男と歩いているのを発見

 
「彼女から『クリスマスは仕事で会えない』と言われていた。俺もそれなら仕方ないと思って、それ以上は追及しなかったんだけれど、まさかの当日にほかの男といるところを発見。彼女も気づいて一瞬『ヤバッ』って顔をしていました。その後めちゃくちゃ謝られたけれど、許せなくて別れちゃいましたね」(28歳/営業)
 
うそをつかれるだけでショックなのに、それがクリスマスとなると……。彼の切なさも倍増してしまいそう。いまの彼はキープしたいけれど、ほかの男性とも遊びたいと思っている女子は要注意。
 
彼に目撃されなくても、クリスマスに人が集まるデートスポットなどでは、共通の友人に見られていることもあります。この手のうそがバレたあとでは取り返しがつきません。それに彼のトラウマになってしまう恐れだってありますよ。
 

さいごに

 
これらの行動を取ってしまうと、別れたあとも毎年クリスマスがやってくるたびに「あの女は最悪だった」と思われかねません。
人から恨まれるのってやっぱり良いものではないからこそ、未来の自分のためにも思いやりって大切なのかもしれませんね。
 
(和/ライター)
 
■爆発する前に試して! 彼氏への不満の解消法
■カップル占い|私の彼氏は浮気している?防止するには?
■人生を棒に振るかも? 彼氏とベッタリ女子の代償とは
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 相性最悪!?な相手でも「ここ」さえ大丈夫なら二人はうまく行く
  • 美人なのになぜ?即時で飽きられる女性の特徴
  • 実はドン引きしています…彼氏が気になっている女性の「アレ」とは?
  • 「生理中」のエッチ事情!彼を傷つけずに上手に伝えるコツ
  • 彼の自尊心を爆上げする方法|エマちゃん
  • ラブラブカップルの共通点3つ
  • 胎盤JDが思う「マンネリの定義」とは
  • 男性に聞いてみた! 「かわいい」と思う彼女のしぐさ5つ!