待ちに待ったクリスマス。
毎年良い思い出が積み重なっていけば本望ですが、現実にはそうはいかないもの。
いままで生きてきた中で、最悪な思い出もひとつやふたつあるでしょう。
 
しかもクリスマスという特別な日だからこそ、そのイヤな記憶も鮮明に残ってしまうものです。
そこで今回はクリスマスに関する最悪な思い出について、男性陣に教えてもらいました。
 

適当な相づちだったのに……

 
「彼女には事前に『クリスマス行きたいところある?』『店予約しようよ』と提案していたんだけれど、『別にどこでも良い~』と適当な相づちだった。あまり乗り気じゃないのかと思い、どこも予約せずにクリスマス当日を迎えたんだけれど、彼女は『なんで何も準備してないの!?』と逆ギレ。意味がわからなすぎて最悪なクリスマスだった」(33歳/公務員)
 
おそらく彼女はサプライズでお店の予約をしてほしかったんでしょうね。彼女の言い分もわからなくもないですが、一緒にクリスマスの計画を立てようとしていた彼からするとポカーン状態かも……。
 
こういう場合は「○○君が決めたところならどこでもうれしいよ」とかわいく伝えるか、一緒にプランを練るしかないでしょう。
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 実はドン引きしています…彼氏が気になっている女性の「アレ」とは?
  • つい赤ちゃん言葉を使って甘えちゃうのはなぜ?恋人といると幼児退行する人の理由とは
  • 彼氏が彼女に対していつもよりかわいいと思う瞬間
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するにはどうすればいい?・3パターン
  • セックスがイマイチな彼への教育法
  • もしかして別れ……? 恋の温度差に悩んだら試したいこと〜彼の愛が重いとき
  • 違う時間軸を持っている同棲相手にイライラしなくなる方法
  • 遠距離恋愛中の彼氏の浮気を見破る5つの方法