ライターの大久保 舞です。
男らしい、女らしいという言葉があります。
何が男らしくて、何が女らしいのかということ自体、明確ではない時代です。
 
そんな時代に、彼氏に男らしさを求めるのは、時代遅れなのでしょうか。
今回は、筆者が女性に「彼氏に男らしさを求めますか?」とリサーチした結果と、筆者の考えを元にお伝えします。
 

男らしさ・彼氏に求める派

 
「求めます。出かける場所とか、決定権を女に丸投げっていうのは気に食わない」(30代・自由業)
 
「引っ張られたいタイプなので、引っ張ってもらいたい」(20代・大学生)
 
「はい。男らしい一面を見ると、自分と違う性別なのだということを意識し、ドキドキできるから」(20代・自由業)
 
「ここぞというときには、頼りになる人がいいです」(20代・営業)
 
「男らしさの定義にもよりますが、ある程度求めます。『かわいさとかっこよさの融合』みたいな人が好きです」(20代・接客業)
 
お察しいただけたかと思いますが「彼氏には男らしさを求める」という意見が圧倒的でした。
筆者自身は、いわゆる女々しいといわれている(この表現こそ時代遅れですが)男性とばかり、お付き合いしてきました。
それでも、たとえば重たい荷物を持ってもらうとか、そういったところで彼氏に頼ってきたところはあるので、男らしさを全く求めていない、となると、うそになります。
 
「男らしさがなければ、何を求めればいいんでしょうか?」(20代・自営業)
 
中には、こんな意見も。
お付き合いする男性には男らしさを絶対に求める、という女性もいらっしゃるということですね。
 

男らしさ・彼氏に求めない派

 
「とくに求めていない。自分の仕事が忙しいので、むしろ優しさと思いやりを求めています。主夫になってくれそうな人が理想」(20代・クリエイター)
 
「肉体的な男らしさはとくに求めません。知性を求めます」(30代・IT)
 
今回、男らしさを彼氏には求めないという意見は、お二方のみでした。
主夫という選択肢が徐々に世間では認められるようになってきても、実際に配偶者に主夫になってもらいたいか?となると、それはまた別問題だ、という女性が多いのではないでしょうか。
また、主夫になる男性が男らしくないかといえばそういうわけでもないので、考えてみると、とても難しい問題ですね。
 

男性に男らしさを求めているのは、女性だけではない!

 
そもそも、今回の記事のテーマは「彼氏に男らしさを求めるのは時代遅れかどうか」です。
筆者の結論は「時代遅れではないし、男性に男らしさを求めているのは、女性だけではない」と思います。
 
というのも、先程出た主夫という選択肢も、批判しているのは男性、ということが多々あります。
「男なら外で働け」、「女性は家庭を守るべき」⋯⋯こういった考え方は、男女ともに、まだまだ根強いのです。
それなので、彼氏に男らしさを求めるのは、時代遅れではないというのは、言い方を変えれば「時代がまだ変わっていない」ともいえます。
 

まとめ

 
「男性だから」、「女性だから」という考え方は、視野を狭くしますし、生きづらさにもつながります。
それでも、生きていく中で、男女の性の違いは、どうしてもつきまとってくるものではないでしょうか。
 
彼氏は男らしい人がいいのかどうか、という一見単純な問題かと思いきや、実は、とても深いテーマなのだと思います。
この記事が、読者の皆さんが性差に関して考えるきっかけになれば幸いです。
 
(大久保 舞/ライター)
 
■ジェントルマンに見えて実は……隠れ「男尊女卑男子」の見抜き方
■姓名判断|あなたと相性がいいのはどんな異性?
■ジェンダーレス男子に注目! 異性としての魅力を秘めている理由4つ
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 「かわいい嫉妬」と「ガチでめんどい嫉妬」の違いとは?
  • 100年の恋もあっという間に冷めた彼女の言動
  • ずっと好きでいてほしい!「一生彼女一筋」にさせる方法
  • 恋を長続きさせるために、3カ月以内にやっておくべき必須項目5つ
  • 付き合った後に態度が変わる「釣った魚に餌をやらない」男子の対処法|エマちゃん
  • 愛情と嫉妬心の違い|「嫉妬されないと愛されていない」は勘違い!?
  • 相性最悪!?な相手でも「ここ」さえ大丈夫なら二人はうまく行く
  • 美人なのになぜ?即時で飽きられる女性の特徴