付き合っているのなら、ちゃんと愛情表現をするのは大事なことです。
 
しかも、その愛情表現が可愛らしいものであったら、男性は彼女のことを改めて惚れ直してしまうはず。
そこで今回は、男性が思わずキュンとなる彼女の「愛情表現」について紹介します。
 

友人に「自慢」している

 

彼女が友人や周囲の人たちに、自分のことを自慢していたら、男性はやはりうれしいはず。
それだけ自分のことを思ってくれているのが伝わるので、男性も「この子のことは大事にしよう」と改めて感じるでしょう。
 
直接ではなく、友人を通じて間接的に気持ちを聞くことで、よりリアルさが増すという効果もあるかも。
ただ、あまりにものろけすぎると、それはちょっと嫌がられる要素にもなりかねないので、たまに自慢する程度がベストですよ。

「2人きり」になったら甘えてくる

 

恋愛のことに関しては、男性は鈍感な人が多いので、甘えるという愛情表現はわかりやすくていいでしょう。
でも、人前で甘えられたりベタベタされたりするのは、男性は苦手に感じるものなので、2人きりになったときに甘えるのがコツ。
 
一緒に家に帰宅してからや、車の中やエレベーターの中など、2人きりになった途端に急に彼女に甘えられたらドキッとするもの。
甘えたいのを必死に我慢していた感じも伝わってくるので、その可愛らしさに男性は思わず抱きしめたくなるような気持ちにもなるはずですよ。
 

会えないのを「我慢」してくれる

 

仕事が忙しくて、あまり会えない状況が続いているときには、男性だって彼女に対して申し訳ない気持ちでいるもの。
それなのに、「なんで会ってくれないの?」とか「もう好きじゃないの?」などと彼女から問い詰められたらゲンナリしてしまうはずです。
 
会いたい気持ちはもちろんあるけれど、それを我慢して堪えて「会えるのを楽しみにしているね」なんて言ってくれる彼女に、男性はキュンとなります。
自分の状況に理解を示してくれているうれしさもあるので、パートナーとしてかけがえのない存在だと感じる瞬間でもあるでしょう。

照れながら「好き」と伝えてくる

 

やはりストレートに「好き」と言われるのが、一番グッとくる胸に響く愛情表現であるのは間違いありません。
ちょっと照れながら「好きだよ」なんて言われたら、男性だって愛情が爆発しそうな気持ちになることでしょう。
 
面と向かっていきなり「好き」とは言いにくいのであれば、「そういうところ、好きだな」といった言い方にしてもいいかも。
とにかく「好き」という言葉を定期的にちゃんと投げかけてあげると、あなたの気持ちが確かめられて、男性はホッと安心もできるはずですよ。
 

さいごに

 

男性は彼女が自分のことをどう思っているのかが、実は気になっているものです。だからこそ、愛情表現をしてあげることは、信頼を深めることにもつながっていく大事な行為ですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■長続きするカップルが欠かさない愛情表現! ずっと仲良くいられるコツ♡
■「愛情表現のつもりだったけど…」彼氏にドン引きされる彼女の言動
■ずっと本命彼女! 彼にずっと愛されるコツとは?
 

カップル】の最新記事
  • ドン引き……彼氏をネトストするヤバイ女
  • 長続きしない「幼稚な恋愛」と、結婚に向かう「大人の恋愛」の違いとは?
  • 付き合ってみたけど一瞬で別れを決意した理由とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するには?
  • 「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?
  • 思わず泣ける……男性が彼女から言われて「救われたひと言」
  • 「脱・都合のいい彼女」結婚したいなら彼氏に追われる女になれ!
  • 彼氏との初めての旅行で生理になりそう!? 彼に言うべき?