恋愛の賞味期限は3年と聞いたことがありませんでしょうか。どんなに燃えるような恋愛をしていても、3年もたってしまえば気持ちは離れてしまうという恋愛ジンクスの1つです。
 
恋愛において、いろいろなジンクスがある中で今回は「恋愛の賞味期限」について説明していこうと思います。
 

そもそも恋愛の賞味期限とは?

 

恋愛の賞味期限とは、恋愛が始まって終わるまでの期間をさしています。賞味期限と称されるのは、恋愛の甘ーくおいしい、楽しい時期はあっという間におわり、食べれなくなってしまうまで冷え切ってしまうといった比喩表現からきているのだと思います。

賞味期限はなぜ来るの?

 

恋愛をしていると、どんなに大好きだった恋人でも、どんどんと恋人に飽きてしまい「心底どうでもいい」といった時期に突入してしまうのす。
 
人間は、物事に飽きるようにできています。それは生きるために「同じことをずっとしないように」と遺伝子に組み込まれているからなのです。
 
そのため、人間である限りほぼ必ずといって良いほど「恋人への飽き」は訪れるのです。
 

恋愛の賞味期限は男女によって差があるの?

 

恋愛の賞味期限に、さほど男女差はありませんが、どちらかというと男性のほうが先に賞味期限を迎えてしまうでしょう。
 
なぜなら、男性は「見た目」で恋をするからです。可愛い彼女ということが恋のモチベーションだったのが、だんだんと彼女は化粧をしなくなり、女を捨てたような服を着て目の前をうろうろとしてくる……。すると、男性は恋のモチベーションを保つことができなくなります。
 
相手に慣れてしまったからこその行動が、賞味期限をはやめてしまうのです。
 

恋愛の賞味期限がきてしまったら終わりなの?

 

恋愛の賞味期限が来てしまうと、別れてしまうカップルはもちろんいます。しかし、すべてのカップルがそうではありません。
 
恋愛の賞味期限が来ても別れないカップルもいます。そういったカップルは、もとのラブラブカップルに戻るのではなく落ち着いた関係になるのです。
 
恋人に対して、恋をするのではなく大切な人「家族愛」に変わるのです。

恋愛の賞味期限を乗り切るにはどうしたらいいの?

 

恋愛の賞味期限を乗り切るには、お互いがお互いの大切さに気付くことです。そして、どんなことでも許しあえる関係になることで乗り越えることができます。
 
難しいかもしれませんが、この方法しかありません。
2人で乗り越えないといけないので、ちゃんとした話し合いが大切です。
恋愛の賞味期限がきたなと思ったら、恋人と向き合って今後のことについて話しあってください。
 

おわりに

 

いかがでしたか?今回は、恋愛の賞味期限について紹介していきました。
難しい言い方をしましたが、誰にだって「恋愛の賞味期限」は訪れるので、それを恋人と2人で乗り越えてほしい、という話しです。
 
恋愛の賞味期限を乗り越えるのは自分の気持ち次第ですよ。
 
(澪/ライター)
 
■恋愛が続かない人必見! 長続きする恋愛の特徴6つ
■100年の恋もあっという間に冷めた彼女の言動
■女性が男性に対して些細な理由で冷める瞬間
 

カップル】の最新記事
  • 良い子じゃなくていい! 男性を夢中にするかわいいわがまま
  • ドン引き……彼氏をネトストするヤバイ女
  • 長続きしない「幼稚な恋愛」と、結婚に向かう「大人の恋愛」の違いとは?
  • 付き合ってみたけど一瞬で別れを決意した理由とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するには?
  • 「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?
  • 思わず泣ける……男性が彼女から言われて「救われたひと言」
  • 「脱・都合のいい彼女」結婚したいなら彼氏に追われる女になれ!