愛情表現は、カップルにとって欠かせない大切なものですよね。ですが、長く付き合っていくうちにいつの間にか相手に愛情を伝えることを忘れてしまったり、愛情表現が独りよがりのものになってしてしまえば、2人の関係はあっという間に壊れてしまいます。
 
長続きするカップルになるためには、お互いにとって心地の良い愛情表現を日々続けていくことが欠かせません。
 
そこで今回は、「長続きするカップルが欠かさない愛情表現! ずっと仲良くいられるコツ」をご紹介したいと思います。
 

「ありがとう」「ごめんね」を忘れない

 

「ありがとう」と「ごめんね」という何気ない一言は、一見、愛情と関係のない言葉のように思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。長く付き合っているカップルほど、「ありがとう」「ごめんね」という言葉を忘れないのです。
 
親友・家族・同僚・上司。どんな関係においても、「ありがとう」と「ごめんね」という言葉をないがしろにしてしまえば、信頼を失ってしまいます。それは当然恋人にも言えること。長続きするカップルになるためにも、当り前のことを疎かにしないようにしましょう。

さりげないスキンシップ

 

さりげないスキンシップは、長続きするカップルになるためには欠かせません。たとえば、歩いているときに手を繋ぐことはもちろん、2人きりになったときに軽くハグをしたり、軽くキスをしたり。さりげないスキンシップが自然にできることがポイントです。
 
そしてもうひとつ大切なことは、彼氏にすべてを任せないことです。スキンシップは2人のも。彼氏からのアクションを待ってばかりいるのではなく、女性側からも積極的にスキンシップをとっていってください。お互いに触れることは、2人の愛情を深めていくうえで絶対に欠かせないことです。
 

お互いの「自由」を認め合う

 

彼氏を好きな気持ちが強いと、「私以外の女の人と話さないで」「友達より私を優先して」など、つい相手を縛り付けてしまいがちですが、それでは長続きするカップルにはなれません。
 
長続きするカップルになるためには、相手を尊重することが何よりも大切です。いくら恋人とはいえ、ときには一人きりになりたいこともありますし、恋人より友人と会いたいときもあります。お互いがお互いの「自由」を認め合うことは、2人の信頼をよりいっそう強くするものです。
 

大好きをちゃんと伝える

 

長続きするカップルは、「大好き」という気持ちをちゃんと言葉で伝え合うことを欠かしません。これは、長続きするカップルになるためには絶対的に必要な愛情表現です。
 
「一緒にいるのだから『大好き』を敢えて伝え合う必要はない」ということは、決してありません。「大好き」という言葉は、おまじないと同じだと考えてください。「大好き」を伝えれば伝えるほど、2人の愛は強くなり、結果的に長続きするカップルになれるのです。

まとめ

 

いかがでしたか? 長続きするカップルが欠かさない愛情表現に「特別なもの」はありません。付き合ったばかりのラブラブ期にしていたことを、ずっと変わらずに続けているだけなんですよね。
 
しかしそれは、「好き」という気持ちだけに頼ることなく、「長く一緒にいるための努力」があるからこそ。
 
長続きするカップルになるためには、思いやりと愛情と忍耐と努力。すべてをバランスよく持ち続けることが大切です。
 
(遠矢晶子/ライター)
 
■彼氏と長続きするための心掛け3つ
■ほんこれ、超大事! 長続きするカップルたちがする会話とは!?
■ずっと本命彼女! 彼にずっと愛されるコツとは?
 

カップル】の最新記事
  • 終わりの始まりかも……男性が彼女と「別れたいとき」に見せるサイン
  • 生理中でもラブラブできる♡ 気分がコロコロ変わる生理中の彼氏との過ごし方
  • これだけはやめて! いつまでもラブラブでいるために彼氏とやってはいけないこと
  • そんなことで……? 男性が驚いた彼女からの「怒られエピソード」
  • やっぱりかわいいな…♡ 男性が彼女に「惚れ直しちゃう」瞬間
  • 全女性必見!「かわいい嫉妬」と「ガチでめんどい嫉妬」の違いとは?
  • 「大好きだよ♡」すぐに別れるカップルの今すぐやめるべき愛情表現
  • 男性が彼女の元カレに嫉妬する理由って?