大好きな恋人とはいつまでも一緒にいられるような、長続きする関係を築いていきたいはずです。
 
そのためには何を大切にして、どういった状態になっていくことがベストなのでしょうか。
 
そこで今回は、「恋人との関係」で大切にすべきことについて紹介します。
 

常に「対等」である

 

「ちゃんと平等で対等な関係でいられると、どちらかだけが我慢するようなこともなくなりますね」(30代・女性・営業)
 
対等な関係性を築いていけると、おかしなパワーバランスが生じたりすることもありません。
それはお互いに尊重し合えているからこそ成り立つことでもあるので、絆だってどんどん深まっていくはず。
対等でありながら、困っているときには助け合っていけたら、最強のパートナーになれることでしょう。

程よい「距離感」を保つ

 

「お付き合いが長続きする一番の秘訣は、必要以上にベッタリしすぎないことだと思います」(20代・女性・アパレル)
 
付き合っているからといって、常に一緒にいたりすると、どうしても窮屈さや息苦しさを感じるようになるもの。
くっつきすぎず離れすぎずの程よい距離感を保てると、気持ちの切り替えもできて、フラストレーションも溜まらないはずです。
たまには「それぞれの時間」を持って、会えない時間も作ると、「会いたい」という思いも湧き起こってきますよ。
 

「不満」を溜め込まない

 

「嫌なことは嫌だと言うようにしないと、一緒にいてもイライラしっ放しになってしまう」(30代・女性・IT)
 
不満は溜め込まずに、小出しにしていくようにしないと、ストレスが大きくなっていく一方。
それではいつか大爆発を起こして、そのときにはもう取り返しのつかないことになってしまいます。
お互いに嫌なことを言い合えれば、そこを改善していくこともできるので、カップルとしても成長していけるでしょう。

「依存」はしない

 

「相手に依存するようになると、ものすごく重い恋になるので、結局は逃げられてしまうだけですね」(20代・女性・飲食)
 
「好き」という気持ちが強くなりすぎて、相手に依存するようになったら、ふたりの関係性も変わってきてしまいます。
お互いにちゃんと自立はしながら、そのうえで相手を必要とし思い合えるのが理想のカップルの形。
恋愛や彼氏が全てのような状態になると、ふたりとも身動きが取りにくくもなるので、悪影響しか及ぼさない危険性も高いですよ。
 

さいごに

 

長続きする恋愛をするためには、べったりとしすぎないことも大事なのでしょう。過剰な愛は重くなってしまうので、結果として恋を終わらせる原因になってしまいますよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■彼氏と長続きするための心掛け3つ
■恋愛が続かない人必見! 長続きする恋愛の特徴6つ
■「恋愛が長続きしない…」ゲイから学ぶ“長く付き合うコツ”
 

カップル】の最新記事
  • 女性が男性に対して些細な理由で冷める瞬間
  • こんなはずじゃ…付き合ってから「がっかりされる」女性の本性
  • 恋愛に「求めていい期待」と「求めてはいけない期待」とは?
  • こんなに一途なのに!大好きなのに彼氏が離れていく女性の間違った距離感
  • さすがに怖すぎ…男が本気でビビった女性の「重い愛情表現」
  • 彼氏の部屋で元カノの痕跡を見つけてしまったときの正しい対処法
  • 男性に聞いた! かわいいヤキモチと面倒なヤキモチの違い
  • 気を遣いすぎもダメ! 彼氏とケンカになってしまうシチュエーション