恋は始まりも大切ですが、何より大切なのは「長続きさせること」ですよね。
 
「付き合って3カ月以内」は二人の恋を長続きさせるためにはとても重要な時期です。
 
この時期は二人の恋を長続きさせるための地盤作りのとき。この先何があっても二人の絆が壊れることのないよう、幸せの絶頂期にしっかりと「好き」の地盤を固めることが大切です。
 
そこで今回は、「恋を長続きさせるために、3カ月以内にやっておくべき必須項目5つ」をご紹介したいと思います。
 

彼氏のいいところたくさん知る

 

付き合って3カ月以内は、まだまだ「恋の魔法」にかかっている状態なので、たくさん彼氏のいいところが目に入ってくるはず。だからこそ、今は何も考えず、彼のいいところをたくさん知ってください。
 
彼氏のいいところをたくさん知ることは、あなたの「好き」という気持ちをよりいっそう強めてくれますし、何よりこの先に訪れる「暗黒期」を乗り越える材料にもなります。
 
暗黒期には彼の悪いところしか見えなくなってくることもあるので、そのときのためにも、手帳や日記などに彼のいいところをたくさん記録しておきましょう。

おうちデートをする

 

お金をかけてロマンティックなデートをすることもいいですが、3カ月以内に、お互いのおうちでデートをしてみてください。
 
お互いの暮らしを見ることは、相手の本質を知ることにも繋がります。いつもパリッとしたスーツを着ている彼でも、おうちへ行ってみたら部屋がぐちゃぐちゃだった……。なんてこともあります。
 
今自分が見ている彼と、本当の姿の彼のギャップをある程度知っておくことで、今後の落差に耐えられる免疫がつくものです。
 

お互いの友達と会う

 

付き合って3カ月以内にお互いのお友達に会うのは少し早いと感じるかもしれませんが、お友達と会わせてくれるかどうかは、あなたとどういう気持ちで向き合おうとしているのかを計る一つのバロメーターでもあります。
 
もちろん、それはあなたも同じ。友達を紹介し合うというのは、「これから長く付き合おうと思っている」という覚悟の現れです。覚悟を感じれば、二人の関係が壊れることを防ぐことにもなります。
 

旅行へいっておく

 

お互いの素を少しでも見せるキッカケをつくるためにも、3カ月以内に旅行いくことをおすすめします。
 
付き合い立てのころは、お互い仮面をかぶりっぱなしです。仮面をかぶっていることを苦に感じることもないので、なかなか外すこともありません。だからこそ強制的に外せる環境をつくってみてください。
 
たとえ一泊二日であったとしても、お互いの素が見せるキッカケになるはず。普段話せないことも話せて、二人の距離も近づきますよ。

ラブラブな時間を楽しむ

 

恋の魔法がかかっている今は、おもいっきりラブラブな時間を楽しんで、いい思い出をたくさん作ってください。3ヶ月以内という特別な期間につくった思い出は二人にとって大きな財産となります。
 
この先、ケンカをしたり彼と別れを考えることもでてくるはず。そんなときに思い出されるのは、きっと、3カ月以内につくった特別な思い出です。
 
幸せな思い出があるからこそ、辛いことがあっても乗り越えられるもの。だからこそ今は何も考えず、ラブラブな時間を過ごしてくださいね。
 

まとめ

 

いかがでしたか? 恋を長続きさせるためにも、「付き合って3ヶ月」という一番楽しい時期をおもいっきり満喫してください。これから先のことを考えて不安になる必要なんてありません。
 
恋は時間が経つにつれて形を変えていきます。しかし、「今」という時間を二人で楽しむことができれば、この先どんな形に変化したとしても、二人の関係が終わることはないはず。
 
もう戻ってこない「付き合って3ヶ月」という貴重な時間を、ぜひ二人で楽しんでくださいね!
 
(ライター/遠矢晶子)
 
■燃え上がる恋は短命!恋愛初期に盛り上がりすぎるとうまくいかない?
■なぜスグに別れちゃうの? 恋愛が長続きしない女の特徴
■彼氏と長続きするための心掛け3つ

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

カップル】の最新記事
  • もう彼氏と別れたい……上手なサヨナラの伝え方とは?
  • 生理中の「二人の適切な距離感」を前もって彼氏に伝えるタイミングとは?
  • 「俺の彼女さ……♡」男性が自慢したくなる彼女の特徴
  • あなたも自然にやってるかも? 男性が「かわいい♡」と思う彼女のしぐさ5つ!
  • たぶん、セフレ感覚で誘ってきてる彼氏に腹が立つ!……その対処法は?
  • 美人なのになぜ恋愛関係が長続きしない? すぐに飽きられる女性の特徴とは
  • 好印象を与えたい! 彼氏の実家に招かれたときのマナーとは?
  • マンネリ化した男女関係は実は幸せかもしれない3つのワケ