彼氏ができると、できるだけたくさん彼氏とLINEをしたくなってしまいますよね。
LINEの回数が増えれば増えるほど、自然と二人の愛も深まっていくもの。
 
しかし、ちょっと使い方を間違ってしまうと、LINEが原因で二人の関係がこじれてしまうこともあります。
 
LINEは手軽で便利なツール。だからこそ、二人にとって負担になることがないようにしたいですよね。
 
そこで今回は「カップルの『毎日LINE』をマンネリ化させないための方法4つ」をご紹介したいと思います。
 

1.長文のやりとりはしない

 
「毎日LINE」をマンネリ化させないためにも、LINEで長文のやりとりはしないようにしましょう。
 
LINEは会話のようなスピード感でやりとりできるところが魅力ですが、会話と違って相手の表情が見られなければ言葉の温度感もわかりません。
 
だからこそ、どんな内容のものであってもLINEの長文はおススメしません。LINEは短文・もしくはスタンプで終えられるくらい、気軽なものだと思っているのがちょうどいい!

2.既読スルーは気にしない

 
LINEのやりとりで一番気になってしまうのは「既読スルー」。既読表示されてから何時間も返事がこないと、ついつい既読スルーの理由を問い詰めたくなってしまうもの。
 
しかし、それではお互いがLLINEを負担に感じるようになってしまい、最悪、二人の関係にヒビが入ってしまうこともあります。
 
既読スルーが原因でケンカなんて、何の意味もないと思いませんか? そういった状況に陥らないためにも、既読スルーはお互いに気にしないのが一番です。
 

3.LINEでケンカはしない

 
LINEを使ってケンカをするのは絶対にNG! LINEはスピーディーにやりとりができるぶん、感情が高ぶってきたときに読み直しをすることなく、勢いのままに言葉を相手に投げつけてしまう恐れがあります。
 
ケンカをするとどうしてもひどい言葉を使ったり、一時の感情で「別れよう」と言いたくなってしまうことがあるもの。それを抑えるためにも、LINEでケンカをするのだけはやめましょう。
 
LINEをケンカの道具に使うことに慣れてしまうと、ケンカの絶えないカップルになる危険大! もしケンカになりそうなときはLINEを使って「今度会ったときに話そう」と一言伝えれば充分です。

4.愛の言葉は直接伝え合う

 
毎晩眠るまえにLINEで愛の言葉を伝え合うのは、付き合いたてのカップルによくあることかもしれません。しかしそれを「マスト」にしないようにしましょう。
 
あまりに毎日毎日LINEで愛の言葉を伝えていると、現実問題、いつか内容に困ることがでてきます。言葉自体にも重みがなくなってしまい、それがマンネリに繋がる原因になってしまうので、愛の言葉は、会ったときに直接伝え合ってくださいね。
 

まとめ

 
いかがでしたか? LINEはほんの少し使い方を変えるだけで、ケンカの原因になったり、二人の愛を深めてくれるキッカケになったり、さまざまに変化をするものです。
 
付き合ったばかりのころはついLINEに頼ってしまうこともあるかもしれませんが、ゆっくりでいいので、二人にとって「ちょうどいい使い方」を見つけていってみてください。
 
二人が上手にLINEを使うことができれば、マンネリ化することなく、二人の関係をよりいっそう深いものにしてくれるはずです。
 
(遠矢晶子/ライター)
 
■男性はどう使い分けてる?彼女に送るLINEと友達に送るLINEの違い
■彼にLINEで返信を催促する上手な方法6選
■彼氏と長続きするための心掛け3つ
 

カップル】の最新記事
  • LINEの相性が良いってどういうこと?|エマちゃん
  • ついていけない! 今まで優しかった彼氏の態度が激変する理由
  • 付き合いたては不安がいっぱい!彼の浮気に対する不安を払拭する方法
  • キープされているかも?女性をキープしている男性のチェックリスト
  • やっぱり違うかも…男が付き合ってから「後悔する」瞬間
  • ドキドキが止まらない!ドM男子の魅力とは?
  • 恋人や配偶者への期待はしない方がいい「深いい理由」
  • LINEで好きな人の気持ちを探っても失敗する理由