彼女に対して、どうしてもをつきたくなってしまう瞬間が、男性にはあるものです。
 
悪気がある場合もありますが、特に悪気などはなく軽い気持ちから嘘をついていることもあるのでしょう。
 
そこで今回は、彼氏が彼女に対して「嘘をつきたくなる瞬間」について紹介します。
 

「説明する」のが面倒

 
何をするにもいちいち細かく聞いてくるような彼女だと、それに対して答えることが面倒に感じられるようになるもの。
「なんで?」「どうして?」「それってどういうこと?」と、まるで問い詰めるかのようなことをされたら、息苦しさだって感じるはずです。
 
そんなときには、「適当な嘘をついて話を流してしまおう」という気持ちが生じたりもするかも。
をつくのはもちろんよくないですが、嘘をつきたくなるような状況を作り出していないか、彼女側が意識をすることも大切でしょう。

「女性もいたこと」を知られたくない

 
飲み会に本当は女性もいたのだけれど、「昨日は男だけで飲んだよ」といったをついてしまうのはありがちなこと。
 
浮気をしようとしているというよりも、余計な誤解を生みたくないという思いから、こういった嘘をつくパターンが多いでしょう。
 
特に、嫉妬深い彼女だったりした場合は、「女性もいたんだ」なんて口が裂けても言えないはず。
あまりにも縛り付けると、隠れてコソコソと行動を取ることが増える危険性もあるので、過度な束縛や干渉はするべきではないですよ。
 

ちょっとした「格好をつけている」

 
男性は「カッコイイ」とか「頼りになる」などと、女性からは常に思われたいもの。
彼女に対しても、「いいところを見せよう」という思いはあるので、ちょっとした格好をつけてをつくこともあるでしょう。
 
また、自分の弱点やダメなところを見られたくないというプライドもあるので、失敗を隠すための嘘をつくのも同様のパターンかも。
 
彼氏のダメな部分も受け入れてあげれば、無駄な嘘をつく必要もなくなるので、ミスをしたときなども必要以上に責めたりはしないほうがいいですよ。

「自由な時間」がほしい

 
いくら付き合っているからとはいって、いつでも一緒にいるのはさすがにちょっと嫌気がさすかも。
たまには「自由な時間」を満喫したいという気持ちもあるでしょうから、そういうときにはをつくこともあるでしょう。
 
何かしらの理由をつけて、趣味を楽しんだり、友人と遊んだり、家でゆっくりしたりなど、彼女とは過ごさない時間を持とうとするのです。
付き合っていても「それぞれの時間」も持ち合うようにしたほうが、不満やストレスも溜まらないし、信頼の絆も深まっていくものですよ。
 

さいごに

 
をつくのは当然良くないことではあります。
ただ、彼女に縛られたくなくて嘘をついているようなケースもあるので、彼氏の自由を全て奪うようなことはしてはいけませんよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■もうダマされない! 男性のウソを見抜く方法
■彼氏の隠し事のあばきかた|胎盤JD
■男性の本音。彼氏が浮気する時に思っていること
 

カップル】の最新記事
  • ドン引き……彼氏をネトストするヤバイ女
  • 長続きしない「幼稚な恋愛」と、結婚に向かう「大人の恋愛」の違いとは?
  • 付き合ってみたけど一瞬で別れを決意した理由とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するには?
  • 「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?
  • 思わず泣ける……男性が彼女から言われて「救われたひと言」
  • 「脱・都合のいい彼女」結婚したいなら彼氏に追われる女になれ!
  • 彼氏との初めての旅行で生理になりそう!? 彼に言うべき?