網野新花です。
 
ひと夏の恋をひと夏で終わらせないためには、頻繁に会うわけではない分、LINEでのやり取りが重要になります。そこで今回は、女性向けにひと夏の恋をひとなつで終わらせないLINEテクニックを紹介。
 
この夏、恋に落ちて秋以降も関係を続けたいと思っている女性は必見ですよ。
 

長文メッセージは送らない

 
長文メッセージを送ると、相手には「重たい女」だと思われてしまいます。そうでなくても恋人であるまいし返信に迷いますし、人によっては「長文メッセージを送る女性はモラハラをする可能性が高い」と認識しているので、要注意人物フォルダに入れられるかもしれません。
 
長文メッセージはどんなに内容がよくても、嫌われる原因になってしまうので、長文メッセージは送らないようにしましょう。
 

毎日LINEをする

 
ひと夏の恋がひと夏で終わってしまう原因として、「相手に忘れられる」があります。鉄は熱いうちに打てという言葉があるように、相手の自分に対する思いが熱いうちにLINEをすれば、熱くなっているまま秋まで持ち越せます。
 
なので相手に忘れ去られず、熱をキープするためにも毎日LINEをするようにしましょう。また送るメッセージは
・食事や遊びへの誘い
・相手にとって有益なニュース
・質問や相談
 
がいいでしょう。
 
ただし質問や相談は重すぎると、ひと夏の恋が終わる原因になります。
 
また相手にとって有益なニュースをLINEするときは、「アイスクリーム好きと言っていたよね?」と、確認をワンクッション取るようにましょう。
 
こうすることで、自然な流れを生み出すことができます。また相手にとって有益なニュースを提供できるように、相手が興味関心ある方向の情報は、常にチェックしておきましょう。
 
「わざわざ時間を取ってチェックするほどでも…」という人も、SNSで関連アカウントをフォローするだけで、相手の態度は変わりますよ。
 

返信が来ないからといって焦らない

 
返信が来ないと、ひと夏の恋でなくてもついつい「自分への気がなくなったのかなぁ」と心配になりますが、相手は仕事で忙しかったり、来ていても「後でいいや」と思って返信していないのかもしれません。
 
他にもどう返せばいいかわからなかったり、さまざまな理由があると思われます。なので返信が来ないからといって焦らず、まったり待ちましょう。
 

あえて既読スルーする

 
恋愛上級者は、既読機能を上手に使っています。既読マークがつくと、ついつい「早く返信しないと!」と焦りがちです。
 
しかし既読スルーをすれば、焦らせるので、相手から見た自分の価値が上がり、追いかける恋愛から追いかけられる恋愛に関係性が変化します。
 
そうなると、こちらは相手に興味がないように見せかけて興味があり、相手はこちらに興味津々なので、相思相愛状態に。こちらが追いかけられる関係性で、冬まで持ち越せれば、こちらの勝ったものです。
 

ひと夏の恋で終わらせないLINEテクニックで恋を続けよう

 
ひと夏の恋を、ひと夏で終わらせないためには、LINEでのやり取りが重要です。そのためにはこういったLINEテクニックを身につけて、相手の気を引きつけて、関係を長期化させましょう。
 
夏が終わり、秋になると恋愛に対して冷静になります。そうなるとひと夏の恋で結ばれたカップルは別れていきますが、そんな中でもラブラブのままでいられれば、こちらが勝ったものだと思っていいでしょう。
 
(網野 新花/ライター)
 
■男性が彼女からのLINEでドン引きした内容4つ
■好きな人占い|会えない時間…彼があなたを思い出す瞬間とは?
■男性はマメにLINEしないから既読スルーも仕方ない…はウソ!
 

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 姓名判断|彼氏の私に対する「本当の思い」は?
  • バツイチの彼、私と結婚する気はある?
  • 100年の恋も冷める?彼に言ってはいけない「地雷ワード」
  • 最近彼氏の様子が変……もしかして浮気?
  • 実はイクメンの素質アリ!? 彼が「良きパパ」になれる可能性
  • カップルの未来は?結婚に対する彼氏の今の気持ち
  • 結婚するなら知っておきたい…彼の「将来性」は?
  • 本当のことが知りたい…彼氏にとって私の存在って?