大好きな彼氏が自分と離れているときの様子が気になる、と“ネトスト”に走る女性。
ネット上に彼氏の痕跡を探すネットストーカーは、男性にとってみれば「信用されていない」「怖い」など、ネガティブな感情しかありません。
思わずドン引きする「ネトストする女性」について、ご紹介します。
 

1.フェイスブックでつながっている友達は全員チェック

 

「元カノですが、フェイスブックで俺と友達になっている人全員のページを見に行ったらしく、非公開の女性がいれば『この人とはどんな関係?』としつこく聞いてくるのがうんざりでした。そこまでするのが怖い」(25歳/美容師)
 
こちらの男性の場合は、たまたま仕事上でつながっている女性が多く、彼女の知らない人の存在がネトストに走るきっかけだったようです。
人によっては投稿を非公開にしていることもあり、情報がないからと彼氏にどんな関係かを尋ねるのは、ちょっと怖いですね。
 
彼氏の人間関係を把握しておきたい気持ちはわかりますが、ここまで来るとやりすぎです。

2.知らない人になりすまして話しかける

 

「ツイッターで俺のツイートにいいねをいつもくれる女性がいて、リプライで話しかけてくれるので答えていました。ある日、彼女が『これ、私なんだけど』と言い出してドン引き。俺がどんな対応をするのか見たかったらしいけど、信用されていないんだなとショックでしたね」(28歳/営業)
 
思わずぞっとしたのがこちらのケース。
別の女性になりすまして彼氏の反応を見たがるのは、「自分以外の女性を口説くかも」「こっそり仲良くなるかも」など、彼氏の気持ちを試す行為にほかなりません。
 
自分への愛情に不安があるのかもしれませんが、こんなことをすればするほど、男性の気持ちは遠ざかります。
 

3.オンラインゲームでログイン時間をチェックされる

 

「彼女と同じオンラインゲームにハマっているのですが、フレンドになると相手の直前のログイン時間がわかるので、それをチェックされました。『この時間、残業じゃなかったっけ?』とか言われて、休憩のときにログインしただけだったのに、あれこれ疑われてしんどいです……」(33歳/総務)
 
オンラインゲームや非公開のSNSなど、ログイン時間のわかるものをチェックしては彼氏の行動を把握したがるのも、ネトストといえます。
 
手の空いた時間にログインしただけなのに、それを浮気などまったく別の方向に疑われては、ゲームも楽しくありませんよね。

おわりに

 

ネット上の行動まで監視されるようなお付き合いは、男性にとって窮屈さが増します。
 
それが愛情のゆえであっても、受け入れることは難しいのが現実です。
 
ネトストは、彼氏に対する不信感の現れです。
陰でこっそりと何をしているか調べるのは「裏切られる自分」を想定しているからで、その後ろ向きな気持ちが彼氏の愛情を萎えさせます。
ネトストではふたりの関係は健全に進まない、と考えたいですね。
 
(ひろた かおり/ライター)
 
■ストーカー女子急増?他人のSNS細かくチェックする女性37%
■ついつい気になる! 彼氏の元カノのSNS
■束縛が好きな男なんていない!女性が無意識にやっている彼氏への束縛
 

カップル】の最新記事
  • 同棲解消するときに気をつけるべきポイント3つ
  • ラブホで気になる「音漏れ」ってどうなの?|ラブホスタッフの上野さん
  • 離婚の危機「謝れない女と気付けない男」これって、よくあるパターン?
  • 愛されてるな……♡ 恋人と一緒にいて幸せを感じる瞬間
  • 【男性の本音】生理中の彼女に男性がしてほしいこと
  • 愛されているか不安……キスで分かる彼の本気度3選
  • もうメロメロ状態!「彼女にゾッコン」の彼氏が見せる行動
  • 20男性に聞いた! 彼女とのデートの理想的な頻度・デート内容