「なんか興味が少なくなってきた」恋人に昔ほどの関心がなくなったのを自覚する瞬間がありますよね。
 
「冷めてはいないけど……」と不思議に思っている人もいるでしょう。
 
愛し合っていてもカップルがお互いに無関心になるのは不思議なことではありません。
 
今回はカップルに無関心な時間が増える理由を解説していきます。
 

交際期間とともに気持ちは落ち着くもの

 

交際前や付き合いたてのときは恋人のことが気になってしかたないもの。
 
「何を考えているんだろう」
「いまどこで何をしているのかな」
と恋人がどんな気持ちでいるのか、何をしているのかいつも考えていたはず。
 
相手を好きになったばかりのときは、関心があるどころか、「その人のことしか考えられない」なんて状態になってしまう人もいるでしょう。
 
しかし、恋人に対して関心ばかりだった状態も時間と共に変化していきます。
 
恋人が何を考えているのかそれほど気にならなくなりますし、どこで何をしているのかなんて思いをはせることもなくなるもの。
 
お互いに恋人を気にする時間は少なくなっていくのです。
 
それはおかしなことではありません。
交際が長くなれば愛情は激しいものから落ち着いたものに変わるのは当然でしょう。
 
人生は恋人以外のことにも目を向けなければなりません。
恋人への関心が薄くなっても、それは愛情が冷めているとはいえないのです。

信頼関係が強くなっているからこそ

 

「好きなのにお互い無関心な時間が増えた」そのいちばんの理由は「お互いに相手を理解できている」というのが大きいでしょう。
 
交際前や恋人になりたてのときは相手が何を考えているのかも、どんな行動パターンなのかも把握できていません。
 
相手の考えが分からないから「本当に好かれているのか」「恋人として付き合っていけるのか」とふたりの関係が上手くいくのか確信が持てない状態です。
 
だからこそ相手への関心が強くなっているのです。
 
しかし交際期間が長くなれば相手の考えはなんとなく分かるようになりますし、そう簡単に破局は訪れない安心感もあります。
 
お互いに絆ができて信頼も深まっているので、あまり恋人のことばかり考えずにすむのです。

無関心な時間が増えるのは悪くない

 

交際期間が長くなっても、「恋人の気持ちがわからない」「何をしているか気になってしかたない」そんな気持ちで恋人関係を続けている人もいます。
 
しかし、信用できない相手と付き合っていると自分自身がつらいもの。
信頼されずに、干渉ばかりされる恋人も息苦しくなるでしょう。
 
そんなお互いに信頼がない関係は、いずれ破綻を迎える可能性が高いといえます。
 
交際期間が長くなれば、いい意味でのゆるさも大切です。
「冷めてるわけじゃないのに、お互いに無関心な時間が増えた」それは信頼感や安心感をお互いに築けている証拠。
 
「あれこれ心配する必要がなくなった」と自信を持っていいのです。
 

まとめ

 

交際期間が長くなったカップルがお互いに無関心な時間が増えるのは不思議なことではありません。
 
むしろお互いを信頼しあえているからこそだといえます。
 
恋人を愛する気持ちがあるなら、無関心というよりも「心配がいらなくなった」とポジティブに考えてみましょう。
 
(大船くじら/ライター)
 
■PMSが原因のカップルの修羅場――生理現象で恋愛が終わらないようにする方法
■テレワークで自宅デート中心カップルのマンネリ脱却方法とは?
■失敗から学ばない彼氏、彼の成長を認めない彼女――すれ違いカップルの末路とは?

カップル】の最新記事
  • ゆったり家飲みで過ごす時間が多いカップルの喧嘩理由とは?
  • 気持ちが冷めてるわけじゃないのに、カップルがお互いに無関心な時間が増えて行く理由とは?
  • なんでこうなるの…彼と「ケンカばっかり」になっちゃう理由
  • 苦難を乗り越えた先には破局…やっと交際できたのにあっさり別れてしまうのはなぜ?
  • PMSが原因のカップルの修羅場――生理現象で恋愛が終わらないようにする方法
  • 「見習いたくない」トークスキルのないカップルの過ごし方
  • “洗濯物のたたみ方”一つでも喧嘩の原因に…同棲生活で気をつけたいことBEST3
  • 彼氏への小さな怒りがどんどん増幅されてしまう心理的な理由