付き合って長くなると次第に情熱の炎は下火になっていき、最初の頃の勢いがなくなります。

初期のようなドラマティックで刺激的な関係はなくなるかもしれませんが、愛情の火が消えることは案外ないものです。
むしろ、ある程度の盛り上がりを超えた男女関係って、お互いを冷静に思いやることができるようになるもの。
恋愛で盛り上がった時期を越えて、穏やかに愛情を確認しあう。そんな男女になれれば、きっと5年も10年も一緒に居続けることができるでしょう。

では、どうしたら長続きするカップルになれるか、ご紹介いたします。

恋愛の盛り上がりを超えて見えてくるのは平穏。それを受け入れれば安泰


恋愛ってどうしても感情ごと冷めていくものです。
相手のことは変わらず好きだとしても、初期の頃のような衝動は、徐々におとろえてしまうんですよね。
特に男性はこの傾向が顕著で、半年や1年と経過するうちに、だんだん落ち着いていきます。

だからといって愛情がなくなったわけではなく、安定した愛情を抱くような時期に突入したというだけのこと。
女性もまた、しばらく期間を経るうちに男性に求めるさまざまな要求が緩和されていきますが、きっと同じことでしょう。

何より、人のモチベーションの原動力は興味と探究心です。
しばらくの期間を共に過ごせば、ある程度興味や探求欲も満たされていきます。
そうすると今度は、恋愛が次のフェイズに移行するわけですね。
つまり、安定して愛する相手との日々を楽しもうという気持ちがわきあがるようになるわけです。

こうして、強い絆が生まれるんです。


長続きする平穏な男女関係を構築するためには?


まず大切なポイントが、初期の恋愛が盛り上がっている期間にハメを外さないことです。
交際初期のテンションは、後々になってちょっと恥ずかしくなるところ。
その上で相手へのモチベーションは少しずつ低下するものです。初期にテンションを上げすぎると落ち着いた頃とのギャップを相手に痛感させることになります。
ですので交際初期に物凄く相手を愛しいし、デートもいっぱいしたいと思っても「でもモチベーションが確実に下がっていくから、あまり落差は見せないほうがいいな」と思いましょう。
「あの頃はあんなに求めてくれたのに」と相手に思わせるのは問題です。

それから、長続きする恋愛って、お互いが一緒にいても居心地がいいと思えるかどうかもかなり重要です。居心地の良さとはストレスをあたえないことです。
一緒にいる場所が綺麗ならストレスは感じません。すぐに別れるカップルって大抵、どっちかの家が汚いんですよね。
これじゃあ相手を呼んだら呼んだだけ溜息をつかれてしまいます。気になって掃除をさせてしまい、余計な手間をあたえてしまいます。ふと「なんでこんなことをしてあげてるんだろう」と冷めてしまうことも。

一緒にいる恋人を嫌な気分にさせないため、お互いが共有するエリアは清潔にすることも重要です。


おわりに


長続きする恋愛は、激しい愛情のぶつけ合いの時期を越えてもなお、お互いが愛しい、大事な存在と思い合える関係を築いているもの。
そういう関係になるには、そこまで難しいことではありません。
先ほど書いたようなことを念頭に動くのも大事ですが、それよりも相手を思いやること。これも重要でしょう。

交際初期の熱量はなかなか続きません。それ以降は余熱みたいなものです。
しかしその余熱愛情を育むために欠かせないものです。一緒にいるだけで心地いい間柄になるためには不可欠です。

5年、10年と一緒にいたいのであれば、交際初期から数年先のことを見越して相手を大事にしていきたいものですね。

(松本ミゾレ/ライター)

■トキメキを復活させる! マンネリ彼氏とラブラブになる方法
■結婚したいけど、恋人の結婚願望はどれくらい?
■マンネリを乗り越える!血液型別【恋を継続するコツ】

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 姓名判断|彼氏の私に対する「本当の思い」は?
  • バツイチの彼、私と結婚する気はある?
  • 100年の恋も冷める?彼に言ってはいけない「地雷ワード」
  • 最近彼氏の様子が変……もしかして浮気?
  • 実はイクメンの素質アリ!? 彼が「良きパパ」になれる可能性
  • カップルの未来は?結婚に対する彼氏の今の気持ち
  • 結婚するなら知っておきたい…彼の「将来性」は?
  • 本当のことが知りたい…彼氏にとって私の存在って?