カップルでケンカしてしまった時は、お互いを責めることはやめましょう。相手を責めることは、お互いに嫌な気持ちになるだけです。
 
しかし、カップルのケンカはお互いに罪をなすりつけるケースが多いです。結局、どちらも自分がカワイイからこそ保守的になってしまうからです。
 
今回の記事では、カップルでケンカしてしまった時にイライラの治め方を紹介します。
 

①相手に過ちを求めない

 
ケンカで最も多いのが、相手に「悪かった」「ごめんなさい」を言わせたいという人です。しかし、ケンカってお互いに譲り合えないものがあるからこそケンカになりやすいのだと思います。だったら、いっそ相手に過ちを認めてもらうことを諦めたらいいのです。
 
自分は自分で、相手が過ちを認めてくれないことに対してイライラすることもあるでしょう。そんな時は、相手に求めずに自分自身でストレスを解消するようにすればいいのです。
 
たとえば、アロマディユーザーで香りを楽しんでみるでもいいし、1人で好きな映画を見に行くでもよいでしょう。むしろ、1人でストレスを解消して楽しむあなたを見て、相手はより心配になり心を改めるのではないでしょうか? 相手よりも、自分自身の気持ちを軸に考えることでイライラしなくなっていきます。
 

②相手に期待しない

 
ケンカで多いのは「もっと○○してくれる人だと思っていたのに」「○○ちゃんの彼は、△△してくれるのに」と、相手への期待から生まれます。そもそも、100%の人などこの世にいません。相手に期待などしなければいいのです。また、他人の彼氏と比べて自分の彼氏を卑下するのもよくありません。無駄な期待はケンカの元になります。
 
相手には、期待0くらいのスタンスが丁度いいです。借金や暴力などといった大きなマイナスがなければいいかな? くらいのスタンスでいるといいでしょう。相手への期待値が低ければ、満足することが増えるのでケンカも起こらなくなります。むしろ「一緒にいてくれるだけでありがとう」位のスタンスでいましょう。
 

③一人旅

 
本気で何もかも嫌になったら、一人旅に出ましょう。1人で旅に出ることで、1人で行動することの寂しさや大変さを身をもって知るようになります。ただ、ここで「1人のがマシ」と思ってしまったら、それはそれでいいかもしれません。1人旅は、本当の自分を見つめなおすいいキッカケになります。
 
また、彼もあなたが一人旅に出ようものなら心配をするかもしれません。彼が心配することで、旅から帰ってきたあなたを今まで以上に大切にしてくれることでしょう。
 

カップルでケンカしてしまった時のイライラの治め方まとめ

 
ケンカが絶えないカップルは、お互いに自分の非を認めるのを嫌がります。お互いに、自分自身が一番カワイイのです。まずは、自分自身を見つめなおして相手にも求めすぎないことです。相手への期待値は、ゼロに近ければ近いほど幸福度は高くなります。
 
理想は「彼は、私の隣にいてくれたらそれでいい」位のスタンスですね。これなら、よっぽど相手に非がない限りはケンカになりません。ちょっとしたことでイライラすることもなくなります。無の境地になるには、お寺で写経体験をするのもいいですね。お経を無心になってうつすことで、煩悩が少しずつ消え去ります。一人旅で行ってみたり、女子会で写経ツアーをするのもオススメです。
 
自分の見つめなおし方としては、一人旅がオススメです。納得できないケンカが続いた時は、カバン一つ持ってぜひ一人旅に出てみて下さい。きっと、自身が気にしていたあんなことやこんなこと全てちっぽけだと感じるハズですよ!
 
(みくまゆたん/ライター)
 
■ヤリ目男子の連絡にイライラ……。どう対処したらいいの?
■カップル占い|彼氏とのケンカの後、絆を深める仲直りの方法は?
■彼との旅行中にケンカになったわけ
 

カップル】の最新記事
  • LINEで好きな人の気持ちを探っても失敗する理由
  • カップルの「毎日LINE」をマンネリ化させないための方法4つ!
  • 彼の裏性格がわかるメリットも? 雨の日の最悪エピソードとは
  • これでメンヘラと言われるのは勘弁! 重い女とそうでない女性の境界線
  • 参考にしたい! 長く一緒にいるカップルが習慣化していること4つ!
  • 「かわいい嫉妬」と「ガチでめんどい嫉妬」の違いとは?
  • 100年の恋もあっという間に冷めた彼女の言動
  • ずっと好きでいてほしい!「一生彼女一筋」にさせる方法