「そんなことでそんなに怒る?」と、彼女の怒りを理不尽に感じることも男性には多々あるもの。
 
納得できない気持ちが大きくなったら、一緒にいることが嫌になってしまう危険性も生じてくるかもしれません。
 
そこで今回は、男性が驚いた彼女からの「怒られエピソード」について紹介します。
 

LINEの「返信が遅れた」

 

「仕事が忙しくて数時間LINEの返信をせずに放置していたら、そのあとめちゃくちゃ怒られた。既読を付けちゃったのが、余計に怒りを増幅させたみたいです…」(20代・男性・不動産)
 
彼氏がLINEになかなか返信をしてくれなかったら、イライラは募っていくことでしょう。
だからといって、「なんで返信してくれないの?」「ねえ、聞いてる?」「返事してよ」などと責め立てたら重荷になるだけ。
 
彼氏の状況も考慮せずに怒るのは、自分のことしか考えていないと思われても仕方がない行為ですよ。

「ほしいもの」を聞いた

 

「誕生日のプレゼントに何がほしいのかを聞いて、怒られてしまった経験があります。サプライズで渡してもらうことを期待していたみたいです」(30代・男性・インストラクター)
 
「何をあげたら喜んでくれるか」と考えてくれていることは、プレゼントのうれしさのひとつ。
 
そのため、「誕生日プレゼントは何がほしい?」と先に聞かれると、ちょっとがっかりしてしまうかもしれません。
でも、彼氏としては「ほしがっているものをあげたい」という気持ちがあるのでしょうから、それを踏みにじるようなことはしてはいけませんよ。
 

「正直」に答えてしまった

 

「彼女が髪の毛をバッサリと切ったときに、『前とどっちが好き?』って聞かれて、『俺は前のほうが好きかな』と答えて激怒されたことがあります」(30代・男性・飲食)
 
「今日のファッション、どうかな?」とか「この料理、ちょっと味が薄い?」「新しい髪型、イマイチかな?」などと彼氏に聞くときには、褒めてほしいという気持ちも隠されているもの。
 
それなのに、彼氏がその思いを察することができずに、「微妙な感じだね」なんて正直な意見を述べてきたら、やっぱり怒りが湧き起こるでしょう。
 
察することが苦手な男性は多いので、回りくどい言い方はしないで「かわいいでしょ?」と素直に言ったほうが、彼氏も答えに困ることないはずですよ。

「過去のこと」を持ち出す

 

「ちょっと言い合いになった際に、僕の過去の失敗を持ち出して怒られたときには、さすがに理不尽さを感じた。それ、今関係ないじゃんっ……」(20代・男性・通信関連)
 
「あのときだってそうだった」とか「前もこんなことがあった」などと、過去のことを持ち出すというのは、女性がやりがちな行動。
 
色んなことが積み重なって怒りにつながっているのでしょうが、男性からすると、「今その話は関係ないじゃん」という思いにしかなりません。
今のことは今のこととして解決していかないと、いつまでもふたりの溝は埋まらないまま、平行線を辿っていくことになってしまいますよ。
 

さいごに

 

無闇やたらに怒りをぶつけるのは、絶対にやってはいけないこと。直してほしい部分や不満に感じる点があるのなら、きちんと腹を割って話し合うことが大切でしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■そろそろお別れかも……男性が彼女との「別れを意識する」瞬間
■男性から見た女性の理不尽な言動
■それ逆効果!彼氏に冷められてしまうNG行動
 

カップル】の最新記事
  • 終わりの始まりかも……男性が彼女と「別れたいとき」に見せるサイン
  • 生理中でもラブラブできる♡ 気分がコロコロ変わる生理中の彼氏との過ごし方
  • これだけはやめて! いつまでもラブラブでいるために彼氏とやってはいけないこと
  • そんなことで……? 男性が驚いた彼女からの「怒られエピソード」
  • やっぱりかわいいな…♡ 男性が彼女に「惚れ直しちゃう」瞬間
  • 全女性必見!「かわいい嫉妬」と「ガチでめんどい嫉妬」の違いとは?
  • 「大好きだよ♡」すぐに別れるカップルの今すぐやめるべき愛情表現
  • 男性が彼女の元カレに嫉妬する理由って?