夏といえばお祭りですよね。
屋台のフードを食べるのも楽しいですし、大規模な花火大会に行くのもこの時期の醍醐味(だいごみ)でしょう。

でもふたりの関係が深まると思いきや、お祭りデートがきっかけで別れてしまうこともあります。
そこで今回は「お祭りデートが破局につながったわけ」についてご紹介します。

暑さでグッタリ……


・「『暑いからお店に入ろう』と言っているのに、彼はお構いなしでお祭りを堪能。私はどんどん体調が悪くなるし、本当に最悪でした」(24歳/秘書)

夕方~夜とはいえ、この時期はムシムシと暑いもの。人混みにプラスして浴衣も着ている場合、体調も不安定になりがちです。

そんな中彼女の気持ちもお構いなしに、自己中心的な行動をする彼にガッカリ……。「こんな彼と一緒にいたくない!」と思ってしまい、別れることになるようです。


歯に青のりがついていて……


・「彼の歯にたこ焼きの青のりがついていた……。満面の笑みでこっちを見てきたが、その間抜けな顔に気持ちも冷めてしまった」(33歳/IT)

特にお祭りだとトイレに行く機会も少なく、鏡をあまり見ないのでこのようなことが起こってしまうのかも。しかも屋台にはたこ焼きや焼きそばなど、意外と歯の間に挟まってしまうような食べ物がたくさん!

これは女性陣も気を付けたいところですね。

どちらかが友達と話し込んでしまった


・「デートで私の地元のお祭りへ行ったんだけれど、偶然友達に遭遇した。懐かしさのあまりいろいろ話し込んでしまっていたら、イライラした彼がひとりでどこかへ行ってしまったんです。もちろんその後、彼は何を言っても不機嫌になってしまい、面倒になって別れました」(25歳/福祉)

特に地元のお祭りだと、久しぶりの再会がありますもんね。でも彼をほったらかしにしてしまうと、当然その日のデートは最悪に。しかも当人同士のケンカと違い、第3者が原因となることで「俺よりも友達を選んだ」という孤独感が増すみたい。そのため彼もより人間不信になってしまいます。

どんなにバッタリ会った友達と話したいと思っても、その日はやめておくべき。「また連絡するね!」程度に留めておきましょう。


本当は乗り気じゃなかった


・「彼に『一緒に浴衣で花火大会に行こう』と言ったらOKしてくれたのに、人混みで疲れたのか帰る頃になって『本当はこういうの興味ないし』と言われてしまった。そのセリフにカチンと来てしまい、数日後に別れの連絡をしました」(27歳/公務員)

こういう価値観の違いって、意外とよくあるんですよね。

あとになって「お前が行きたいって言うから行っただけで、俺は祭りなんか行きたくなかった!」などと怒る人もいます。「お互いに不快な思いをするだけだし、イヤならその場で言ってくれればいいのにな……」と思ってしまいますよね。

さいごに


夏といえば、まだまだこれから楽しいことが待っている季節。
それなのにお祭りがきっかけで別れてしまったら、「もっと一緒に行きたいところがあったんだけどな……」と思ってしまうでしょう。

とはいえ、自分次第でいくらでも充実した夏を送れるはず。
後悔はあるかもしれませんが、それだけでこの季節を終わらせないようにしましょう。

(和/ライター)

■なぜ「ひと夏の恋」にハマるの? 理由を科学的に証明してみた
■姓名判断|ケンカばかりしてしまう私たち……どうすればうまくいく?
■ひと夏の恋で遭遇確率が高い「遊び人」の特徴とは?

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • 「かわいい嫉妬」と「ガチでめんどい嫉妬」の違いとは?
  • 100年の恋もあっという間に冷めた彼女の言動
  • ずっと好きでいてほしい!「一生彼女一筋」にさせる方法
  • 恋を長続きさせるために、3カ月以内にやっておくべき必須項目5つ
  • 付き合った後に態度が変わる「釣った魚に餌をやらない」男子の対処法|エマちゃん
  • 愛情と嫉妬心の違い|「嫉妬されないと愛されていない」は勘違い!?
  • 相性最悪!?な相手でも「ここ」さえ大丈夫なら二人はうまく行く
  • 美人なのになぜ?即時で飽きられる女性の特徴