カップルにとってケンカというのは、どうしても避けられない問題。
 
男と女、他人と他人なので、わかり合えないことも沢山ありますが、彼と良い関係を築くには、ケンカという雨が降った後は仲直りをして土を固めないと、ケンカという雨が恵ではなく、災害しかもたらしません。
 
そこで今回は、どんなケンカも一瞬で修復できる仲直りのコツをご紹介します。
 

仲直りのコツは…振り上げた拳を下すことを知ること

 
一度振り上げた拳を下すのは難しいですが、“引き下がるタイミング”を見極めるのが、仲直りをするコツ。
 
男同士のケンカでも、国と国とのケンカでも、一度振り上げた拳というものは、なかなか下せないものなのです。
それは、男と女でもそうなのですが、どこかで引き下がらないと行きつく先は目に見えているので、腹が立ってイラッとしても、言い過ぎずないようにして、責め過ぎないようにして、自分のことばかりを優先させないようにして、どこかで引き下がるようにしましょう。
 
「なぜ自分が引き下がらないといけないのか?」と思った人、自分のことばかりを優先して、自分のことしか考えないからケンカになるのでは?
 
どちらが悪いにしても、白黒つけたい気持ちがあるにせよ、どうしたら気が済むのかを考えた時、たぶん、相手に土下座させて足の裏を舐めさせても気は収まらないでしょう。
 
ケンカをしても仲直りできるカップルは、ケンカは“2人の関係を良好にするためのプロセス”と思っているから仲直りできるのです。
感情だけをぶつけて自己満足したい人は、早々に引き下がらないと取り返しがつかなくなるので、引き下がることを知ることが大切ではないでしょうか。

関連キーワード
カップル】の最新記事
  • つい赤ちゃん言葉を使って甘えちゃうのはなぜ?恋人といると幼児退行する人の理由とは
  • 彼氏が彼女に対していつもよりかわいいと思う瞬間
  • 実はドン引きしています…彼氏が気になっている女性の「アレ」とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するにはどうすればいい?・3パターン
  • セックスがイマイチな彼への教育法
  • もしかして別れ……? 恋の温度差に悩んだら試したいこと〜彼の愛が重いとき
  • 違う時間軸を持っている同棲相手にイライラしなくなる方法
  • 遠距離恋愛中の彼氏の浮気を見破る5つの方法