彼女と一緒にいても、「なんか違うな」と感じることが多くなれば、別れを意識し始めるはず。
具体的にはどういった瞬間に、男性は「もう終わりかもしれないな」と思うものなのでしょうか。
そこで今回は、男性が彼女との「別れを意識する」瞬間について紹介します。
 

「義務的」に会っている

 

「なんとなくもう義務的のような感じで会うようになると、そこには大きな愛情はなくなっている気がする。惰性で会っているような感覚なのかも」(30代・男性・自営業)
 
「早く会いたいな」とか「いつ会えるかな」といった気持ちが、長く付き合っていると薄れていくのは仕方がないこと。
とはいえ、もはや義務的に会うようになると、一緒にいても楽しくないでしょうし、なんで一緒にいるのかがわからなくなってしまうかも。
とりあえず会えばいいというものではないので、週末は必ず会うなどといった決まりごとを作るのだけはやめておきましょう。

「自信」を奪われていく

 

「なんか一緒にいると、どんどん自分に自信がなくなっていって、このままじゃヤバイと思って別れたことがある。いつも文句ばかり言われてましたからね…」(20代・男性・映像制作)
 
一緒にいるとお互いに前向きな気持ちになれる関係性が築けたら、いつまでも交際は続いていくはず。
でも、一緒にいることで、自信が失われたり、虚しい気持ちになったりするのであれば、「もう離れたい」と思うようになるでしょう。
否定や批判、ダメ出しなどがあまりにも多くなると、男性はあなたと過ごす時間を苦痛に感じ始めるので、別れを意識する可能性も高いですよ。
 

「罵り合い」のケンカが増えた

 

「ケンカの回数が増えていって、激しく罵倒し合うようになると、完全にもう終わりですね。ちょっと憎しみが生まれるようにもなってしまいます」(20代・男性・飲食)
 
付き合っていれば、ときには意見が食い違ってケンカをすることだってあるでしょう。
ただ、そのケンカがお互いを罵り合うようなものになっていくと、ふたりの中に大きな溝が生じてしまうだけ。
不満を吐き出して改善していくためのケンカじゃないと、いい方向には進まないので、どんなに腹が立っても人間性を否定するようなことは言ってはいけませんよ。

まったく「干渉」しなくなった

 

「お互いのことに興味がなくなっていくと、破局へと一気に向かっていきます。何をしているのかとかも、まったく気にならなくなっちゃいます」(30代・男性・商社)
 
束縛や干渉は激しすぎると重くなりますが、まったくなくなってしまうと、それはそれで気持ちが薄れているように感じます。
例えば、お互いのスケジュールを一切把握していなかったり、近況報告をしなくなったり、何も口出しをしなくなったり…。
そういった行動が増えていくと、当然ふたりの関係性も途絶えていくので、自然と別れへと向かっていくことになるでしょう。
 

さいごに

 

彼氏との関係性がちょっと停滞しているようなときには、強引に行動を取るよりも冷静に判断をすることが大事です。お互いがどう感じているのかをじっくりと話し合えたら、改善すべき部分もわかってくるでしょう。
 
(山田周平/ライター)
 
■え!こんなことで!? 彼氏との別れにつながる意外な「地雷」とは?
■「別れた方がいいかも……」彼氏のその発言、本当の意味とは?
■彼氏が匂わせる『別れたい』の危険サイン!○○な女性は気づかない!?
 

あなたに憑いているのは誰の生き霊?

せい(ひらがな)必須

めい(ひらがな)必須

性別必須

カップル】の最新記事
  • 毎日を“推し”のために捧げるという「深く尊いライフワーク」彼氏にいつ暴露する?
  • 意外と見られてるのを知らない男が「SNSで彼女への不満を発信した結果」修羅場に発展した話
  • LINEで好きな人の気持ちを探っても失敗する理由とは?
  • 彼や夫と2人でやろう! お家で簡単にできる、愛と癒やしの「カップルヨガ」
  • 彼氏から尊敬される彼女とは?
  • 眠い。疲れた。めんどくさい……彼氏の心が徐々に離れていくNGな言霊集
  • 100年の恋もあっという間に冷めた彼女の言動とは?
  • 授かり婚は計画的に!? 結婚前提の子作りがアリな理由&ナシな理由