彼女が取った言動や自分のためにしてくれたことによって、男性は「この子と付き合ってよかった」としみじみ感じたりもするもの。
 
そんな彼女に惚れ直すような瞬間がたくさんあると、「いつまでも大事にしたい」といった気持ちにもなるはずです。
 
そこで今回は、男性が「彼女に惚れ直した」エピソードについて紹介します。
 

「渋滞」でも楽しそうにしてくれた

 

「ドライブデートで大渋滞にハマってしまい、全く動けなくなってしまったことがありました。それでも彼女はイライラしたりせずに、楽しそうに色々と会話しようとしてくれたときに、『いい子だな』って感じましたね」(30代・男性・WEBデザイナー)
 
デート中に「渋滞」や「行列」での待ち時間が長くなると、イライラや疲労感が溜まっていくでしょう。
そんなときにも、嫌な顔をひとつせずに、会話を楽しんだり盛り上げようとしてくれたりする彼女には、男性はキュンとなるもの。
ふたりでいれば、どこにいても楽しめるような関係性になれたら、カップルとして最高の形だと言えますよ。

「不安」に気づいてくれた

 

「仕事があまりうまくいっていなくて、ちょっとヘコんでいたときに、何も言っていないのにそれに気づいてくれた。ちゃんとわかってくれていて、しかも励ましてくれるのが、めちゃくちゃうれしかった」(20代・男性・イベント制作)
 
わざわざ口に出して言わなくても、不安や心の変化に気づいてくれる彼女には、「俺のことをわかってくれている」と男性は感じます。
 
男性は察することが苦手な人が多いからこそ、当たり前のように察してくれる彼女に対しての驚きや喜びは大きくなるもの。
「なにかあった?」「私でよければ聞くよ」と声をかけるだけでも、彼氏の不安を多少は軽くしてあげることができますよ。
 

「決断」を応援してくれた

 

「ずっとやりたかったデザイナーの仕事がしたくて、思いきってフリーランスになろうか悩んでいました。不安しかなかったけど、『何かあったら私が助ける』と彼女がサポートしてくれたのは、本当にあり難かった」(30代・男性・WEBデザイナー)
 
大きな決断を下すときには、本当にそれでいいのか、迷って悩んでといった状態をくり返すことでしょう。
そういったときに、応援してそっと背中を押してくれるような彼女の存在は、男性にとってはとても大きいはず。
「自分の味方がいる」と感じたら、それほど心強いことはないので、決心がつくきっかけになる可能性だってありますよ。

献身的に「看病」してくれた

 

「ぎっくり腰になって動けなくなってしまったときに、彼女が泊まり込みで献身的に看病してくれました。彼女も仕事が忙しい中で、毎日色々とお世話をしてくれて、感謝してもしきれないですね」(20代・男性・メーカー)
 
病気やケガをした際に、献身的に看病をしてくれた彼女に惚れ直したという男性は多いです。
親身になってサポートをしてくれる姿に大きな愛情を感じて、「大事にしたい」と男性も実感するのでしょう。
弱っているときやダメなときに、自分のそばにいてくれる女性のことは、一生のパートナーとして男性が真剣に考える相手でもありますよ。
 

さいごに

 

自分のためを思って、親身になって接してくれたときに、男性は彼女に惚れ直すことが多いのでしょう。そういった彼女のことは、「手放したくない」とも強く感じるはずですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■ずっと大切にされたい♡ 彼氏から愛され続ける女性が気をつけている4つのこと
■もっと愛され彼女になる! 彼の愚痴に対する「100点対応」LINE
■惚れ直しちゃう! 彼氏がイケメンに見える瞬間
 

カップル】の最新記事
  • ドン引き……彼氏をネトストするヤバイ女
  • 長続きしない「幼稚な恋愛」と、結婚に向かう「大人の恋愛」の違いとは?
  • 付き合ってみたけど一瞬で別れを決意した理由とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するには?
  • 「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?
  • 思わず泣ける……男性が彼女から言われて「救われたひと言」
  • 「脱・都合のいい彼女」結婚したいなら彼氏に追われる女になれ!
  • 彼氏との初めての旅行で生理になりそう!? 彼に言うべき?