彼氏ができたばかりの頃は、何もかもが幸せに満ち溢れていて、毎日がキラキラと輝いていると思います。
 
しかし、恋愛はいいことばかりではありません。彼氏に期待しすぎたり、何もかもを求めすぎてしまっては二人のバランスが崩れてしまい、結果的に幸せな恋愛をすることができなくなってしまうこともあります。
 
そこで今回は、「恋愛に『求めていい期待』と『求めてはいけない期待』とは?」をご紹介したいと思います。
 

求めていい期待1.安心感を得られる

 

恋愛をすることで安心感を得られると期待するのは、とてもいいことです。トキメキではなく安心感を求めることで、お互いが無理をせずに付き合っていくこともできますし、上辺ではなくお互いの内面をしっかりと見つめ合うこともできます。
 
ただ1点注意したいのは、安心感を得るには少し時間が必要だということ。なので、あまり焦らずにゆっくりと2人で時間を積み重ねていくことが大切です。

求めていい期待2.お互いに成長できる

 

彼氏ができると考えが前向きになるもの。「もっと仕事を頑張りたい」「もっと魅力的な人間になりたい」。そんな風に自然と思えることで、あなたも彼氏もお互いが成長し合えるはず。
 
恋愛をすると恋愛以外のことが疎かになってしまう女性もいるかもしれませんが、せっかく彼氏ができたのであれば、恋愛を通して自分自身を成長させていきましょう。
 

求めていい期待3.人生が豊かになること

 

シンプルなことですが、恋愛をすると人生が豊かになります。彼氏と一緒に映画を観たり、買い物へ行ったり、旅行へ行ったり……。どれも1人きりでできることかもしれませんが、隣りに好きな人がいるといないでは、充実感が絶対的に変わってきます。
 
今まで知らなかったことを彼氏に教えてもらったり、体験したりすることで視野も広がり、あなたの人生観すら変えてしまうこともあります。
 
「恋愛は人生を豊かにするもの」。そんな前向きな期待は、2人の関係をよりよいものへと導いてくれるはずです。
 

求めてはいけない期待1.何もかも分かり合える

 

彼氏ができると、つい「何もかも分かり合える人ができた」と思い込んでしまいがちですが、いくら恋人とはいえ、すべてを分かり合えることは絶対にありません。ときには意見の食い違いがでてきたり、激しいケンカになったりすることもあるはず。
 
「何もかもを分かり合える」と期待しすぎてしまうと、問題が発生したときに別れを決断してしまうこともあるので注意しましょう。

求めてはいけない期待2.自分の理想の彼氏になってくれること

 

付き合い始めの頃は、彼氏が「自分の理想通りの人」に見えてしまうかもしれませんが、「理想」という形にはめ込んで彼氏を見てしまうのは危険です。
 
理想を抱き続けていけばいくほど現実とのギャップに落胆してしまい、彼氏に対する気持ちが失われてしまう原因にもなっていきます。
 

求めてはいけない期待3.幸せにしてもらえる

 

恋愛をするうえで、「彼氏に幸せにしてもらえる」と期待をすることはやめましょう。彼氏ができれば必ず幸せになれるものではありません。何より、幸せになるためには二人の努力と思いやりが必要です。
 
相手にすべてを求め、「幸せにしてもおらおう」と思ってしまっては、二人の関係が長く続くことはありません。
 
(遠矢晶子/ライター)
 
■恋人や配偶者への期待はしない方がいい「深いい理由」
■付き合っていても不安になる理由。期待・深掘り・妄想はしないこと
■彼氏の欠点を直す方法|ラブホスタッフの上野さん
 

カップル】の最新記事
  • 良い子じゃなくていい! 男性を夢中にするかわいいわがまま
  • ドン引き……彼氏をネトストするヤバイ女
  • 長続きしない「幼稚な恋愛」と、結婚に向かう「大人の恋愛」の違いとは?
  • 付き合ってみたけど一瞬で別れを決意した理由とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するには?
  • 「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?
  • 思わず泣ける……男性が彼女から言われて「救われたひと言」
  • 「脱・都合のいい彼女」結婚したいなら彼氏に追われる女になれ!