今はコロナで外出自粛のご時世。二人きりのおうちデートで、おつまもも一緒に作ったりしながら宅飲みして過ごすというのはどうでしょう。
 
そんなとき男性は、何か手作りのおつまみがあると非常にうれしいものです。
今回は、簡単に作れて、しかも男性ウケが良く、お酒にも合う料理の傾向について紹介していきます。
 

ぶっちゃけ塩で味付けするだけの“ゆで料理”でも男性は喜ぶ!

 

恋人との宅飲みの一番の醍醐味(だいごみ)は、二人が同じテーブルを囲んで気ままに飲めることにあります。
もしもおつまみ程度の料理を作るにしても、一緒に作るならいいのですが、どちらかがあまりに長時間キッチンに立っていると残った方はあまり楽しくありません。
重要なのは、何か作る場合には、さっさと完成する簡単料理を選ぶことです。
 
たとえばゆでるだけで完成するものはどうでしょうか。
枝豆やエビといった食材は、塩ゆでにするだけで男性が喜ぶ定番のおつまみになります。
これなら後片付けも面倒ではありませんし、お酒にも合うのでオススメです。
 
【ポイント】エビをゆでる際には大さじ1杯程度の日本酒を入れれば、風味がさらに引き立ちます。

和えるだけで完成するおつまみが一番無難!

 

お酒を飲んでいるときには、しょっぱいおつまみが手元にあると男性は結構喜ぶもの。
たとえば松前漬けなんかがあれば、それだけでも十分ですが、自分で何かしょっぱいおつまみを作りたい場合は和えるだけで完成する料理がいいでしょう。
 
手堅いメニューでいえば、アボカドとマグロの和え物なんかは、男性はもちろん、アボカド好きが多い女性にも嬉しいメニューです。
作り方は非常に簡単。ぶつ切りにしたマグロを30分程度しょうゆに浸けておいて、その後食べやすいサイズにカットしたアボカドと一緒に和えましょう。
この際にオリーブオイル、少量のわさび、お好みでクリームチーズを足してもいいですね。
仕上げに青ネギを少しだけまぶしておくと、ますます味わいも良くなります。これもまたお酒に合いますし、さっさと出来上がるので待っている側も寂しくなりません。
 
【ポイント】アボカドは固いものを避け、味がなじんで和えやすいやわらかいものを使いましょう。
 

機材があるならたこ焼きを作ってみよう!

 

ご自宅にたこ焼き器があるなら、宅飲みでこそ活用すべきです。
これならコンセントさえ近くにあればテーブルの上で調理可能ですし、一緒に飲みながら作ることもできます。
 
手際良く生地をひっくり返してたこ焼きを作っていき、出来上がったらすぐ食べるというのは、なかなか贅沢(ぜいたく)なもの。
しかもアツアツのたこ焼きって、どんなお酒とも相性が良いのでますます男性は喜ぶはずです。
 
飲みながらのたこ焼きパーティーって、なかなか楽しいですし、粉モノなのでボリュームもあり、お腹いっぱいになれますよ。
 
【ポイント】中に入れる具はタコに限らず、ウィンナーを小さく切ったものや一口サイズのキューブ型チーズなどもお酒に合っておすすめです。

おわりに

 

今回は宅飲みデートの際に用意することで、彼氏にも喜ばれる簡単料理について紹介していきました。
お酒の席ですので、やっぱりあまり手の込んだものではなく、軽くつまめる簡単なものをおつまみとして提供するのが一番でしょう。
もしも料理が苦手なら、彼氏に作ってもらったり、一緒に作るのもいいですね。
 
二人で飲むとき、手作りのおつまみがあるのとないのとでは、やっぱり嬉しさも盛り上がりも格段に違います。
手軽な手作りおつまみを添えて、宅飲みで彼を喜ばせてあげましょう。
 
(松本ミゾレ/ライター)
 
■外飲みより家飲み…現代の男性が抱える“家飲み事情”とは?
■恋愛進展の近道!宅呑みデートで女子がアピールしたい10のこと
■胃袋を鷲掴み!彼の家にあるもので作る簡単レシピ
 

カップル】の最新記事
  • 好きな人や彼氏と距離を縮められる! おすすめゲーム4選
  • 彼氏からもっと愛されたい♡ 「かわいい」と言わせるには?
  • わかりにくいけど君が好きだよ! 男性が密かに発する愛情表現
  • 一瞬の恋で終わらせない! 長く続けるLINEテクニックを伝授
  • 彼氏が「いい彼女だなあ」と感じる女性の特徴4つ
  • 20歳下の彼に恋をして…♡ 年齢差を乗り越え、幸せを掴んだエピソード【前編】
  • 男性が「一緒にいて恥ずかしい」と思う女性はどんな人?
  • さすがに重すぎるかも…彼氏の「気持ちが冷めてしまう」愛情表現