付き合う前はものすごく好印象だったのに、付き合ってみたらなんだか思っていた感じとちょっと違った。
 
そんな風に思うことが多くなると、男性は付き合ったことを後悔してしまうかもしれません。
 
そこで今回は、男性が付き合ったあとで彼女に「幻滅する瞬間」について紹介します。
 

考えを「押しつけてくる」

 

大好きな彼氏には、自分の好きなものを知ってほしいし、できれば一緒に好きになってほしいという気持ちになるでしょう。
ふたりで楽しめたら喜びが倍増するので、必死に薦めるようなこともあるかもしれません。
 
でも、それが押しつけになってしまうと、やられた男性にとってはただただ鬱陶しいだけ。
無理に合わせるのではなく、価値観や考え方が違うことも受け入れられると、お互いに自分を押し殺したりしなくて済むので、居心地のいい関係性を築けるものですよ。

気性が「荒すぎる」

 

感情の起伏が激しい女性を苦手に感じてしまう男性は少なくありません。
特に、すぐに怒り出すような気性が荒い女性には、どう対応したらいいのかがわからないので、一緒にいることが苦痛にもなっていくもの。
 
付き合う前は誰でも多少は猫をかぶっている面もあるでしょうが、穏やかだと思っていた女性が付き合った途端に怒りっぽくなったら、その振り幅の大きさに男性は大きなショックを受けるはず。
怒るのが悪いのではなく、ちょっとしたことで感情をむき出しにすることに、男性は引いてしまうので、その点には注意をする必要があるでしょう。
 

全てに「首を突っ込んでくる」

 

いくら付き合っているからといって、彼女が何にでも首を突っ込んできたら、男性は間違いなく嫌悪感を抱くでしょう。
全てを知ろうとしたり、あらゆることに関わろうとしたりするのは、もはや束縛や干渉とも言える行為です。
 
重要な用件や予定などを共有するのは大事ですが、やりすぎると重荷になっていくだけ。
また、男性の仕事に対して口出しをするのは、たとえ良かれと思ってのことであってもイラッとされてしまうので、さすがに控えたほうがいいですよ。

「恥じらい」がない

 

付き合い始めると、お互いにどんどん心を許せるようになっていき、慣れも生じてくることでしょう。
でも、それによって恥じらいが薄れていくと、男性をがっかりさせることになりやすいです。
 
裸や下着姿を隠そうとしなくなったり、ゲップやおならを平気でしたり、ズボラでがさつな部分がたくさん出てきたり…。
彼女にそんな行動が増えてなると、男性は異性としても見られなくなるので、付き合いが長くなっても最低限の恥じらいだけは持っておくことが大切ですよ。
 

さいごに

 

付き合うことがゴールではなく、付き合ってからの関係性が最も大事なことです。好きという気持ちだけで突っ走るのではなく、相手の気持ちも理解しようとすることが重要ですよ。
 
(山田周平/ライター)
 
■彼氏が口に出さない本音炸裂!同棲中の彼女に幻滅する瞬間10選
■男が本命彼女に幻滅する瞬間
■男性が彼女からのLINEでドン引きした内容4つ
 

カップル】の最新記事
  • 血液型別!コロナ禍のマンネリを防ぐ【恋を継続するギャップの作り方】
  • わがままな彼女ってかわいい♡ 彼氏にめちゃくちゃ可愛がられる秘訣|エマちゃん
  • もうダメ恋に振り回されたくない! “誠実な交際”ってどんな交際のこと?
  • 君のことで頭がいっぱい! 男性が彼女に見せる「ぞっこんサイン」
  • これなら許せちゃう!男性がかわいいと感じる「彼女の嫉妬」
  • 知りたくなかったけど知れてよかった! 旅行でわかる彼氏の本性
  • 「今日生理なの」と彼女に言われたときの男性の本音って?
  • それ言ってくる? 彼氏からきたモヤっとしたLINE3選