当然のことかと思いますが、せっかく付き合うことができた大好きな彼氏とはずっと一緒にいたいですよね。
 
その気持ちに素直に従って同棲してみると、彼氏の見たくない部分が見えてしまって不仲になったり、関係性や気持ちが変化してしまったりします。特に、男性と女性では、「好き」の意味合いが違うことに驚くはず。
 
経験したことのある女性なら痛いほどわかると思いますが、「私のことが本当に好きならこうして欲しい!」という女性の期待は、ことごとく外れてしまうんです。なぜなのでしょうか? 男女の「好き」はどう違うのでしょうか? 具体的に見てみましょう。
 

男性は「好きだから、したい」

 

男性の多くは恋愛感情を抱き合うことで表します。つまり、セックスは最高の愛情表現であり、「好きだから、したい」と思うのです。
 
そのため、同棲を始めると、彼氏から毎日のように求められたり、いつも身体のどこかを触れられたりするはず。
 
女性からすれば、「いつもそればっかり……」と呆れるかもしれません。しかし、彼としてはそれが自分の「好き」を伝える最適の手段で、どれだけ彼女に触れるかが、愛情のバロメーターになるでしょう。
 
もちろん、それだけではないとしても、男性にとってセックスは、彼女への愛を伝える大切なもの。性欲を発散させるだけが目的ではないのです。

女性は「好きなら、いろいろ手伝ってほしい」

 

女性は男性に対して、好きという気持ちをわかりやすい言葉や態度で表して欲しいと考えます。たとえばプレゼントをくれたり、自分のことを助けてくれたりと、具体的なメリットを求める場合が多いでしょう。
 
同棲をするなら、「家事をもっと手伝ってほしい」とか、「休みの日には家でゴロゴロするんじゃなく、どこかに連れて行ってほしい」などの要望になるはず。
 
同棲は結婚とは違います。ましてや女性は専業主婦ではありません。彼と同じようにフルタイムで働くのに、女だからといって家事をひとりでこなす理由はありませんよね。男性には家事が不得意な人もいるかもしれませんが、それでも「私のこと好きだったら手伝ってよ」と思います。
 
だから、彼氏が料理も掃除も洗濯も彼女だけにやらせている場合、「都合よく利用されている……」という不安が湧いてきます。彼氏の身の回りの世話をさせられているように感じて、愛を実感できなくなるでしょう。
 
女性は男性のように「セックスしているから愛されていて安心」とは考えないのです。
 

男女の違いを理解して「譲り合う」

 

男性の「セックスは最高の愛情表現」という考え方と、女性の「愛を具体的なメリットとして受け取りたい」という考え方は、どこまでいっても交わり合うことがありません。お互いにちゃんと説明しないと理解できないでしょう。
 
同棲での失敗は、男女の価値観の違いに気づかず、ストレスを溜め込むことがほとんどの原因。
 
本当は愛し合っているのに、表現の仕方や求め方が違うために、「私は愛されていない……」、「俺はこんなにも愛しているのに……」と不満を抱えるのです。
 
だから彼はセックスだけでなく、彼女の要望どおりに家事を手伝うべきですし、彼女は彼の最高の愛情表現がセックスだと思っているといういことを理解することが大事なのです。お互いの違いを知った上で譲り合う、バランスが取れるでしょう。

結婚を考えるなら、男女の違いを知ることは必須

 

彼との同棲を一時的なものではなく、ゆくゆくは結婚につなげたいと考えるなら、男と女の考え方の違いは絶対に知っておいたほうがいいでしょう。
 
結婚生活で妻が、「夫が家事を手伝ってくれない!」と不満を抱き、夫が「妻がセックスさせてくれない」とセックスレスを嘆くのは、よくある話。
 
同棲をするなかで、男女で愛の捉え方が違うと理解できれば、そうした行き違いは起きにくいはず。たとえ結婚しても、お互いに相手が求める愛を与え合うことができるでしょう。
 
(沙木貴咲/ライター)
 
■同棲がきっかけで別れるカップルの3つの特徴
■同棲したら結婚できない!?男女で違う価値観が招く悲劇とは…
■こんな落とし穴も!? 彼氏と同棲中に起こりやすいトラブルとは?
 

カップル】の最新記事
  • ドン引き……彼氏をネトストするヤバイ女
  • 長続きしない「幼稚な恋愛」と、結婚に向かう「大人の恋愛」の違いとは?
  • 付き合ってみたけど一瞬で別れを決意した理由とは?
  • 男女に聞いた! カップルの時間のすれ違いを回避するには?
  • 「甘え上手」と「わがまま」な女性。両者の根本的な違いとは?
  • 思わず泣ける……男性が彼女から言われて「救われたひと言」
  • 「脱・都合のいい彼女」結婚したいなら彼氏に追われる女になれ!
  • 彼氏との初めての旅行で生理になりそう!? 彼に言うべき?